実写版映画『美女と野獣』を見たので少しだけ感想。

 

私の母が実写版映画の『美女と野獣』をツタヤで借りてきたので2人で見ました。

ディズニープリンセスのなかで私が一番好きなプリンセスは『美女と野獣』のベル。見た目的な意味もあるんだけど、ストーリーも面白くて好きなのです。何回も見た記憶があります。そんな私が実写版を見たのですが、なんだか腑に落ちない感じ。アニメーション版の『美女と野獣』を何度も見てる私にとっては何とも微妙な映画だなと感じました。以下、絶賛とは程遠い感想。

 

スポンサーリンク


 

実写版映画『美女と野獣』はアニメーションとは全然違う!?

 

bijotoyajuu

 

※一度しか見てないので色々間違えてると思います。ちげーよバカ!見直して来い!!っていうことも書いているかもです。また、ネタバレ含みます。

 

ストーリーが違い過ぎて困惑。

 

アニメーション版と実写版を比べるとざっくりとしたストーリーは合ってる。

父の代わりに野獣のところへ⇒野獣と過ごす⇒ベル「家族に会わせて」⇒城が攻撃される⇒野獣がケガをする⇒野獣から元の姿に⇒2人仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

……なのですが、“父の代わりに野獣のところへ”までは多少……いや結構アニメーションとは違うんだけどまぁまぁって見れたのですが、“野獣と過ごす”からもう何だコレ。全然違う。この実写版はディズニーじゃないので違うのは当たり前なんだけどもね。でもやはりアニメーションの『美女と野獣』が『美女と野獣』のストーリーだと脳みそに植え付けられてるから「違う!」ってなってしまいます。

 

ベルが黄色いドレスを着ない。

 

ベルのあの黄色いドレスで野獣と踊るダンスシーンがない。いや、何度も言うけどディズニーじゃないから着ないのは仕方ないよ!だけどベルと言えばさぁ~!『美女と野獣』と言えばさぁ~!実写版ではドレスの色がころころ変わるのですが、それでも黄色はない。

 

ベルが野獣に心開くシーン。

 

アニメーションでは、こんな城もういやだとベルが真冬の夜に飛び出して狼に襲われそうになるところ、野獣が助けてくれる。そして傷を負った野獣の手当てをするベル。これを経て徐々に心を開いていくのですが、そのシーンはなし。心開いてからは暖炉の近くで本を読んだり、雪を投げ合ったり、小鳥にえさをやったり「ただのカップルじゃねえか!」ってくらいイチャイチャシーンを見せつけられるのですが、全くなし。いつ心開くか楽しみにしていたのに展開が呆気なくてキュンキュンしない。

 

野獣になった理由が自業自得…?

 

結局野獣になった理由が自業自得じゃね…?ってこと。ネタバレになってしまうのであまり詳しいことは言いませんが…。狩りをしていて鹿をやったりと結構野蛮な王子様。この時代では普通なのかもしれないが他の王子さまと比べるとやっぱり野蛮。喋り方も態度も俺様風。奥さんに「もう狩りはしないでほしい。あなたを待ってる間、さびしいわ」と言われ約束するのですが、結局狩りはする。そのあといつも通り狩りをして鹿を矢で射止めたのですが、あら不思議。鹿の姿から奥さんの姿に変身。森の妖精だったかなんだったか忘れてしまいましたが、人間の姿になって生活を満喫してたようです。これによって神(奥さんのお父さん的な存在)が大激怒して野獣の姿に変えられる。要するにとてもファンタジックなのです。あ……結構ネタバレ?一度しか見てないのでところどころ間違えてたらごめんなさい。

 

まだまだ他にも…

 

あと地味に…いやかなりですが、アニメーション版でベルに求婚しまくるガストンがでないのも不満。ディズニーじゃないもんね!仕方ないね!といいつつも、ガストン自体が原作にはいないアニメオリジナルのキャラクターらしいです。

それにアニメーション版のルミエール(火の人)やコグスワーズ(時計の人)、ポット夫人(ポットの人)などがわちゃわちゃしてましたが、実写版では一切なし。期待してただけにがっかり。ディズニーの実写版では出るそうなので期待。

 

スポンサーリンク


 

ベルの性格が終始強気

 

そしてベルの性格も「おいおい…」と思うところ多々あり。
性格関係ないけどアニメーション版は茶髪だったから金髪にも違和感。

アニメーションのベルはおしとやかな雰囲気をまとっていますが、意外と大胆なことをしたりする、好奇心旺盛で優しい心の持ち主だと私は思っているのですが、実写版では「行動力のある」というよりも終始強気な態度でアニメーション版とは別人に感じました。

野獣がいる城に着いて、後のベルの部屋になるところでドレスが飾ってあるのですが、それを着るという行動。野獣に着ろと言われたわけではないのに。はじめて城に入って、物珍しそうにいろいろ触ったり眺めたりしてるシーンでいきなりドレス姿になるんだもの。何勝手に人の家にあるドレス着てんの?思わず「あ、着ちゃったんだ」って声にだしてしまうくらい唐突。

野獣に対して「礼儀を教えなきゃ」みたいなセリフがあったのですが、いやお前もな!ブーメランだよ!とつっこまずにはいられない。そして野獣が優しくなってきたころに1日家に帰る許可をもらい、傷があっという間に治ったりする魔法の水的な何かがはいってるネックレス(アニメーションでいう鏡)をベルに渡すときに「よく聞くんだ…」と野獣が言うのですが、最後まで話を聞かないベル。父親も勝手に人の薔薇をちぎっちゃうし親子って似るなと。父親共々、礼儀がないと感じるのは私だけなのか。「これおとぎ話だから!日本人だからって過敏に反応しすぎ!」って言われちゃうとぐぬぬ…。

やっぱり最大の不満点はさっきも言ったけど、ベルが野獣に心を開いていくシーンですね。実写版ではなぜ野獣になったかっていうのを知り心を開くのですが、私だったら同情しないなと。共感するシーンがないところがやっぱりこういう感想にしているんだと思います。偉そうに何言ってんだって感じですが(^p^)

 

だって見たいんだもん!
キャッキャッウフフしてるシーン見たいんだもん!
黄色いドレスで踊ってほしいんだもん!

 

あ、ダンスシーンで思い出したけど、実写版にもダンスシーンあるんですよね。とてもアニメーション版のような華やかなダンスシーンとは言えないけども。どちらかというとギスギス?ベルに至っては無表情。むしろ怒ってる?ってくらい冷たい表情。野獣は………そういえば野獣の顔もいまいちだったなぁ。黒すぎて凹凸あるのかわかりませんが、なんかのっぺりしててゴリラでした。

あ、あと最後の方は進撃の巨人でした。
あのOP曲が頭の中で流れてきたよ。ててててって、ててててって♪(適当)

 

ディズニーの実写版『美女と野獣』

 

この実写版『美女と野獣』はディズニーアニメーションの『美女と野獣』が好きな私にとっては違い過ぎていまいちな評価になりましたが、2017年3月17日(予定)にディズニーが実写版『美女と野獣』を公開するそうなのでめちゃくちゃ楽しみです!!

ベルはエマ・ワトソンです。黄色いドレス着てるううう!!

 

jissya

http://visual3deffect.deviantart.com/art/Emma-Watson-as-BELLE-in-Beauty-and-the-Beast-513403013

 

他のキャストはこちらで見れますー!
エマ・ワトソンの実写版『美女と野獣(2017)』全キャストまとめ

ぜひ映画館で見たい作品です…!今から楽しみです!!

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA