簡単にGIF画像が作れる「えもふり」とは?使ってみた感想

 

自分が描いたイラストがぬるぬる動く!!
簡単にGIF画像がつくれる「えもふり」をはじめて触ったので感想。

※感想のみなので講座ではないです!講座用のデータをつくるか検討中です。まだ一つしか作品ができてないので試運転的な感じなのでめちゃくちゃ雑なんです\(^o^)/もし講座をやる際はまたお願いします~!

 

スポンサーリンク


 

E-mote Free Movie Maker「えもふり」

 

emohuri

 

「E-mote Free Movie Maker」、通称・えもふり。
ここで説明するよりも公式HPを見た方がはやいので、まずは一度目を通してみてください~。

E-mote Free Movie Maker「えもふり」

面倒くせっ!ってかたように簡単に私から説明。
※ほぼ公式HPと同じこと言ってます。

 ↓ ↓ ↓

 

えもふりってなに?

 

E-mote Free Movie Maker(通称・えもふり)は、絵師さんの「もっと簡単にキャラクターを動かしたい」や、動画制作者さんの「設定とかわけわかめ!面倒なことしたくない!」っていう要望に応えた、簡単に!楽しく!ぬるぬる動くキャラクターをつくる!ことを目的として開発されたものです。

 

「えもふり」で何ができるの?

 

例えば、6枚のレイヤーを描くだけで目をぱちぱちさせたり、口が動いたり、皆大好きおっぱいが揺れたり、より魅力的なキャラクターを演出できます。

まったく難しくないです。GIF画像(動く画像)をつくったことのない私でしたが、1日もかからず一発でできました。雑だけどね!

実際「えもふり」で作ったものは公式HPでみれるので、やっぱり公式HP見た方がわかりやすいかもしれない。

E-mote Free Movie Maker「えもふり」

 

「えもふり」を使ってみた感想

 

初心者のための「えもふり入門用オンラインマニュアル」があるので、「えもふり」をダウンロードするまえに一度目を通しておくと、大体の作業の流れを把握できます。

…が!!そもそも動く画像を作ったことのない私にとっては「おいおい、こんなの自分にできるのかよ…」と心が折れかけました。でも大丈夫。実際に作業をはじめてみると丁寧に解説されてあるので、ほぼつまずかないです。まあ私は一番最初でつまずいたんだけどね。今思うとなぜつまずいた!!?って感じなのですが。

はじめは全くわからないけど、ひとつ作品を完成させると、めちゃくちゃ作業簡単じゃん!って思える。

ほかに「えもふり」の使い方を紹介してるサイトもあったのですが、「えもふり入門用オンラインマニュアル」が丁寧に解説されているので、それだけでも十分理解できる範囲だと思いました。

…が、やっぱりわからないひとはわからない(さっきもいいましたが一番最初でつまずいた私みたいな人もいる)。なので、本当に本当の最初の作業から細かく講座しようかなと計画中…。下手くそなので上手く動くかわかりませんが…!今年中にはなんとか講座をつくりたいと思います。その際はまた見てやってくださいませ~!

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA