インフルエンザのとき「解熱剤」を飲むのは危険?ヨーグルトで予防?

 

子供が急にインフルエンザにかかり熱を出している。すぐには病院に行けないとき、解熱剤を飲ませていませんか?1月にピークを迎えるインフルエンザ。インフルエンザにかかってるときに解熱剤は飲んでもいい?飲んではダメ?

 

スポンサーリンク


 

インフルエンザのとき解熱剤は飲んでいい?

 

12

 

Q.子供が急に熱を出しました。学校ではインフルエンザが流行しています。家には解熱剤があります。インフルエンザで「解熱剤」は飲ませていい?

 

解熱剤を飲ませていいか悩む親は意外といるようです。
また、飲ませてる・飲んでるひとも少なくないようです。

根本的な原因のインフルエンザに効かなくても、熱の症状は軽くしてくれそうな解熱剤は飲ませてもいいものなのか?正解は……

 

A.飲ませてはいけません

 

「インフルエンザのとき解熱剤を飲んで安静にする」は間違いです。

 

インフルエンザのときに解熱剤を飲むと死に至る!?

 

なぜインフルエンザのときに解熱剤を飲んではダメなのか?
それはインフルエンザ脳症で死に至るケースがあるからなのです。

インフルエンザ脳症とは

インフルエンザウイルスが原因で起こるインフルエンザ脳症。特に乳幼児がかかりやすく、神経細胞など脳に障害ををもたらし、最悪の場合、死に至ります。

解熱剤に多く含まれている成分の中に“アスピリン”があります。この“アスピリン”がインフルエンザと相性がよくないのです。それによって、インフルエンザ脳症に発展してしまうことがあります。特に子供の場合は体も発達しきっていないので、安易に飲ませない方がいいそうです。

日本小児科学会によると、子供にインフルエンザの疑いがある場合、避けるべき解熱剤の成分は“アスピリン”以外にも複数あるとしています。そのため、子供にインフルエンザの疑いがある場合は安易に解熱剤を飲ませず、病院で医師に相談しましょう。…とのことです。

 

スポンサーリンク


 

インフルエンザを防ぐ食べ物

 

インフルエンザにならないためには体作りが重要!
スーパーなどどこにでも売っている予防に効果的な食品とは……

ヨーグルトです。

インフルエンザウイルスが体内に入ってきた場合、体の免疫力で撃退する必要があります。その免疫力の70%がなんと腸に集まっているんですね。なので、ヨーグルトの持つ乳酸菌で腸内環境を整え、日ごろから腸内を良い状態にキープすることがインフルエンザ予防につながるのです!

おすすめの食べ方は、

ホットヨーグルトです。

ることでヨーグルトに入っている成分、特に乳酸菌の動きが活発になります。インフルエンザの予防という観点では温めるのが一番いいのです。優しい味で美味しいですよ!

また、食べる時間にもポイントがあります。

ヨーグルトというイメージだと、朝ごはんと一緒に食べるイメージがありますが、おすすめの食べる時間は夜です。夜寝る時に腸の動きが一番よくなるタイミングで温めて、乳酸菌が働ける状態を作って食べるのが一番効果がでるそうです。

 

まとめ

 

  • インフルエンザのときは解熱剤は控える
  • インフルエンザ予防にはホットヨーグルトを夜に食べる

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA