頑張らない大人の習慣化ダイエット方法

 

今度こそ失敗しない!
ダイエット成功のカギは「習慣化」にあり!

ぽっちゃりキャラクターを無理なく頑張らずに理想の体形に変身する、大人の習慣化ダイエット方法を紹介します。

この記事は、いつもお世話になっているオルビスさんが特集していた「頑張らないダイエット」を完全保存版としてまとめました。

 

スポンサーリンク


 

頑張らないダイエット

 

oyatu

 

大人のダイエットを成功させる秘訣

 

ダイエットは頑張りすぎない

食事の無理な制限や過酷な運動など、ダイエットといえばハードなメニューを想像しがちです。加えていつもの仕事や家事もしなければなりません。頑張りすぎると脳がストレスを感じで、そのストレスを回避しようと気持ちに揺さぶりをかけます。頑張れば頑張るほど挫折しやすくなります。

 

「NEAT」を増やす

厚生労働省も推奨するのが「NEAT」を増やすこと。NEATとは鍛える運動ではなく、日常の活動で発生する熱量のこと。年齢を重ねるにつれて太りやすくなったひとや、ふっくらしてるかたは、このNEATを増量します。増量方法は、毎日の習慣・動作を利用して負荷をプラスするだけ!いつもの生活で無理なくカロリーを消化することが大事です。

 

普段使っていない部位を動かす

普段使っていない・使いにくいからだの部位を1日1回以上動かします。聞くだけだと難しいイメージですが、例えば、デスクワークが多い人は、通勤中に歩くことで脚を使ったり、電車内で背筋を伸ばすなど、最初はそれだけで十分です。

 

代謝をアップさせる食品や食べ方を知る

ダイエットのためには食生活も重要。だからといって、極端に食べないダイエットはNG。我慢はリバウンドの引き金になるので、我慢するのではなく代謝を促す食材などを上手にプラスして、食生活で燃えやすい体質を作ることも必要です。

 

スポンサーリンク


 

大人の頑張らない朝の習慣ダイエット

 

morning

 

1日の活動を始める朝に代謝しやすいからだを作っておくと、1日中燃えやすいからだ環境に変化!いつもより早起きする必要はなし!

 

起きたらベッドの中でゴロゴロ

冬の時期は寒くてベッドからなかなか出られないひとも多いですね。まずはベッドのなかで1~2分、ゴロゴロとからだや手足を動かすだけでもからだがほぐれてめぐりがアップします。

 

つま先立ちで歯磨き

からだを動かすことを習慣化するには、習慣化していることと組み合わせるのが理想的。いつもより時間がかかることもなく、忘れずに続けられてお得です。歯は毎朝誰でも磨くので、その時間を有効に使い、かかとを上げて代謝アップ!

 

大股で元気に歩く

歩くという行為は最も簡単な代謝を上げるための動作。気温の低い季節、寒さから背中を丸め動きも小さくなりがちですが、意識して大股で歩くだけでいつもより代謝アップするので、駅までは腕を振り、大股で元気よく歩きましょう!

 

大人の頑張らない昼と夜の習慣ダイエット

 

daynight

 

昼から夜はNEAT増量のチャンスです。いつもしている動作をちょっと意識するだけ。それだけがコツです。でこることから始めてみましょう。

 

階段は理想の体形への近道

階段の上り下りは、下半身の筋育をフルに使う筋トレに近い動作が期待でき、特に下半身痩せに効果的です。上りが疲れてしまうひとは下りるだけでもいいので習慣化しましょう。エレベーターやエスカレーターにさよならを!

 

5分以上の掃除

代謝量をアップさせるのに有効な習慣の1つが家事。なかでも掃除は全身運動に近い効果があります。掃除するときに使っている筋育を意識すると運動効果がさらにアップ。大きな動作で掃除機がけをしましょう!

 

電車は立つ者が勝ち

忙しい人にオススメなのが電車の中でのNEATアップ。背筋を伸ばしてお腹をぎゅっと引っ込めるだけでも代謝ガアップし、腹筋にも効果的です。席に座るなんてもったいないです。スマホを見ながらでもできるので、1駅分お腹をへこませて立つ!

 

ベッドの上で手足をバタバタ

寝る前にハードな動作は必要なし。翌日に疲れを残さず、翌朝また代謝量がアップする状態に導く動作をプラス。ベッドの上であおむけになり手足をあげてバタバタ。むくみ防止にもなります。

 

 

まとめ

 

我慢や頑張りが必須と思いがちなダイエットですが、無理をするほどリバウンドのリスクもあります。頑張ることよりもダイエットを無理なく「習慣化」して、ぜひ乗り越えてくださいね!

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA