初心者向け!一から作るえもふり作り方講座~その10~

 

この作り方が正解というわけではありませんが「私はこんな感じで作ってますよー」っていう、えもふり作り方講座です。

前回の続き⇒えもふり作り方講座~その9~

お絵かきソフトを用意するところから知りたいひとはこちらから⇒えもふり作り方講座~準備編~

使用しているソフトは『E-mote Free Movie Maker (※通称えもふり) 』です。フリーソフトです。

 

スポンサーリンク


 

作業工程

 

人それぞれ順番が違うと思いますが、この講座では以下の流れで進めていきます。

 

  1. お絵かきソフト、えもふりソフトを準備
  2. 下書き
  3. 表情パーツ(目、眉、鼻、口)を描く
  4. パーツ範囲を決める
  5. 残りのパーツ(髪、輪郭、胴体など)を描く
  6. パーツ範囲を決める
  7. 中心点を決める
  8. PSDで保存
  9. えもふりソフトで読み込む
  10. えもふり修正 ←いまここ!
  11. 動画出力

 

パーツ範囲を決める作業は元絵が完成したあと(全てのパーツを描き終えたあと)でも構いません。※3・5⇒4・6の順でもいいよ!

 

修正作業

 

次の作業は事故った顔面や髪など、これらを修正していきます。

 

60-3

 

60-2

↓ ↓ ↓

masaemohuri_sample_全自動_test2

 

まだ修正しきれていないので怪しい部分もありますが、こんな感じで修正していきます。やり方は簡単ですが地道です。一か所修正できたら「こんな感じでやればいいのね」と把握できると思いますので、今回は一番気になる髪(とくに襟足)を修正します。

修正方法はいろいろあるのですが、今回は私がいつもやっている修正方法です。これから紹介する修正方法以外にもっと簡単な方法があるのかもしれませんが…。それでも良かったらお付き合いくださいませ~!

 

スポンサーリンク


 

修正方法

 

今回は後ろ髪を見本に説明していきます。

【パーツ編集】⇒【後髪】⇒【レイアウトーメッシュ(頭傾き)】で、頭を傾けたときの後ろ髪を修正します。

 

61

 

上の画像の赤枠にある【左】【正面】【右】をクリックすると頭が傾きます。【右】をクリックすると右に傾きます。そうすると頭が右に傾いたとき、どれだけ後髪が揺れているのかがわかります。つまり最大ふり幅なのです。これ以上揺れません。

 

62

 

揺れなくてもいい襟足が思いっきり右に振りかぶってます。ここを修正したい思います。

修正方法はいろいろあるのですが、私は主に2つの方法で修正しています。(講座とかやってるくせにほかの修正方法を詳しく知らないとかそんなんじゃry)

 

青枠を動かす

63-1

 

点を動かす

63

 

実際に動かせば違いがわかるのですが、ざっくりいうと「青枠は形を維持して修正、点は形を変形して修正」という感じです。動かしながら「あ、青枠動かしたほうがいいな」とか分かるのでとにかく動かしてみることがコツ。

ほかに青枠上にある白い□をドラッグすることで、その形を維持したまま位置だけを変えることができます。

今回は点を動かして修正しました。出来はこんな感じです↓↓↓

 

64

 

これで右に頭を傾けたときの後髪は修正できました。

「やべ、動かし過ぎた」ってときは【編集】→【1段落戻る】をします。一手前に戻ってくれます。

 

66

 

この調子で左に頭を傾けたときの後ろ髪を修正していきます。

【左】をクリック。すると、頭が左に傾いたとき、どれだけ後髪が揺れているのかがわかります。最大ふり幅です。これ以上揺れません。

 

65

 

【右】のときと同じように【左】も点を動かして修正。

同じように「メッシュ(頭向き・上下)」「メッシュ(頭向き・左右)」なども修正していきます。

 

スポンサーリンク


 

レイアウト(後髪)の修正ができたら【パラメータ編集】や【物理挙動編集】で動かしたり、【タイムライン編集】でサンプルモーションを流したり、いろんな角度で見てみます。

 

67

 

68

 

気になるところがあればまた修正→確認の繰り返しです。

後ろ髪を修正したところで現段階のえもふりを見てみます。【ポーズ詳細編集】⇒【タイムライン編集】からサンプルを選んで【再生】をクリック。

 

66-1

 

・・・なんだかまだヅラっぽい。

原因はまたも後ろ髪。こんなショートヘアで襟足はこんなにふわふわ揺れないはず

 

それなら揺らさなければいいじゃない!!!

 

【物理挙動編集】→【パラメータ設定】で【後髪揺れ】を【無し】にします。

 

68-1

 

すると……

 

masaemohuri_sample_全自動_test2

 

ヅラっぽさが緩和されました!!!よかったよかった。

今回は“揺らさない”ようにする設定でしたが、それ以外にも【パラメータ設定】では揺れ方を変更することができます。いろいろ触って比較してみてね。

この記事では後髪しか修正していないけども、同じように前髪だったり輪郭、胴体なども修正していきます。で、一応一通り修正したのがこちら↓↓↓

 

masaemohuri_sample_全自動_test2

 

つぎは動画を出力します→えもふり作り方講座~その11~

 

hukidasi1

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す




CAPTCHA