【お絵かき練習】Tシャツの襟(ネック)の種類と描き方

 

意外と描けない?意外と知らない?
Tシャツの襟(ネック)の種類をまとめてみたものと描き方講座っぽいものです。

「Tシャツぐらい描けるわ!」

いやいや、Tシャツだからと侮るなかれ。Tシャツに少しこだわるだけで絵がグンッと上手に見えるので、ぜひ覚えていってください。

間違えててもふわっと流してください(小声)

 

スポンサーリンク


 

ネックの種類

 

首元をしっかり隠す、鎖骨を見せる……ネックの形状や深さによっていろいろな表現ができるのを知っているでしょうか?それによって顔の大きさや長さの印象もネックデザインによってコントロールできるほどなのです。

顔の印象すら変えるネック選びもシルエットの重要な要素なので、よりキャラの魅力を引き立てるためにも、覚えておいて損はないと私は思います。

また服を着たときに発揮するネックの種類ごとの効果も紹介しているので、実際に服を購入するときに役立ててみてください。

 

※クリックして画像拡大

 

IMG

 

字が汚くて申し訳ないです。
以下、画像とほぼ同じネックの種類と説明。

 

クルーネック

最もベーシックな「クルーネック」。首にピッタリと会った丸い襟元でスポーティ感があります。胸元の肌露出が少ないため、清潔感の演出にも。首回りが小さいことでやや顔が大きく見える効果があるので、顔の小さい方は首元がピッタリのネックを、顔の大きさが気になる方は首元がゆるめのものを選ぶのがオススメです。

 

ラウンドネック

クルーネック、Uネックと同じ丸首の一種ですが、デザインを細かく区別するために名づけられました。首の付け根のラインに沿ってカットされているのでクルーネックよりもやや大きめです。清潔感をたたえながらもリラックス感を演出し、襟元の露出が多いため、セクシーさをも表現できます。顔を小さく見せる効果あり。

 

Vネック

名前通り、V字にカットされた襟元のことを指します。もともと女性用につくられたネック形状で、肌の露出も多くセクシーな印象を与えます。直線的なカッティングのVネックは単体でドレスライクに見せることができます。顔を小さく、首を長く見せる効果あり。インナーとしても重宝します。(こういうインナーよく見かけるね!)

 

ヘンリーネック

カットソーながらボタンがフロントに付いていて、シャツを着ているような雰囲気が演出できます。インナーの定番としてもおなじみで、抜群の使い勝手とセクシーにして骨太な印象が魅力。肌の露出をボタンで調整でき、大きく開けることで顔を小さく、首を長く見せる効果があります。

 

スポンサーリンク


 

スリーブの種類

 

Tシャツ姿をきめるのに欠かせないのが二の腕や肩の見せ方です。肩幅を強調する、なで肩にみせる、肩を露出する、それらを左右するのが袖のデザインです。これによって全体のシルエットやイメージが変わります。

 

※クリックで画像拡大

IMG_0001

 

 

またも字が汚くて申し訳ないです。
以下、画像とほぼ同じスリーブの種類と説明。

 

セットインスリーブ

もっとも一般的なスリーブのことで、通常のアームホール(袖ぐり)の位置に袖を縫い付けたことをいいます。スタンダードに着こなすならこのセットインスリーブ。

 

ラグランスリーブ

襟ぐりから袖下にかけて斜めに縫い合わせたスリーブ。クリミア戦争の際、イギリス軍のラグラン卿が負傷した兵士の服を脱ぎやすいように考案したものと伝えられており、腕を動かしやすいのが特徴です。配色の切り替えを楽しむ方、なで肩や肩幅の狭い人の着こなしにオススメです。

 

スリーブレス

袖の無いもので、いわゆるノースリーブ。ちなみにノースリーブは和製英語です。暑い夏用に涼しく着用できるようにデザインされ、露出した肩ラインを上品に演出し、気品と清楚さがアピールできます。

 

ちょっと絵が上手に見える描き方

 

襟元のちょっとした厚さを意識して描くこと。また真っ直ぐ立ったとき、ほとんどの半袖Tシャツは袖口にゆとりがあるので、そこを意識して描いてみるとなんとなく上手く描けて見える気がする。

 

 

IMG_0002

 

服のシワは脇に向って数本線を引くと良い感じになる気がします。細かいシワ数本より大きいシワ一本のほうがいいです。

 

スポンサーリンク


 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA