英文で「転載許可」を求めるメッセージが届いたときの返信

 

Pixiv(ピクシブ)というイラストや小説を投稿することができるSNSでイラストをあげたところ、海外の方から英文でコメントをいただきました。内容は“転載許可をしてほしい”とのこと。

どうやら外国人からこのようなメッセージをもらうひとは少なくないよう。許可する・しないにしても、英語で返信しなければ理解してもらえない可能性もあるので、なんとか英語でこたえたい。

そんなときに使える英文を調べてみました。

 

スポンサーリンク


 

転載許可を「する」場合

 

もはや「OK!」の一言で許可することができますが、もう少し長文で返事をするならこんな例文を参考にしてみてください。

 

Your request to reprint illustrations and future illustrations has been approved.
⇒あなたの要望を許可(承認)します。

If you link to my page I permit it.
⇒私のページにリンクしてくれるなら許可します。

It is ok,but please say “This picture’s painter is 〇〇(あなたの名前)” when you use it.If you don’t say that,I can’t admit.
⇒私が描いたことを明記していただければ許可します。できないのならば許可することはできません

 

転載許可を「しない」場合

 

単純明快に。ストレートに分かりやすく伝えたいかたはこんな例文を参考にしてみてください。

 

Reprint is prohibited
⇒転載禁止。

all rights reserved
⇒転載、その他に関する全ての権利は私が保持しています。

Please do not reprint this work without permission.
⇒無断で転載しないでください。

Please refrain from the reprint.
⇒無断転載はご遠慮ください。

 

無断転載が多いなか、わざわざ丁寧に転載許可をお願いしてくれてるのだから、こちらからもなるべく丁寧に返信したい。そう考えるかたはこんな例文を参考にしてみてください。

 

I am afraid I can not accept your request.
But, I am glad to you like my artwork.
⇒すみませんが、あなたの要望に応えることができません。
しかし、あなたが気に入ってくれて私は嬉しいです。

I’m happy to know you like my illustrations.
I’m sorry ,but I can’t accept your request.
⇒私のイラストを気に入っていただけて嬉しいです。
申し訳ありませんが、あなたの要望に応えることができません。

 

きつい言い方にならないために

 

許可するにしてもしないにしても、無断転載をせずに「転載してもいいですか?」とわざわざメッセージを送ってくれているわけですから、無断転載するような輩よりも礼儀正しく常識人であることは間違いないです。こちらからも丁寧に礼儀正しく返事をするべきだと私は思っています。

穏便に、なるべくきつい印象を与えたくないなってかたもたくさんいるかと思います。一言添えたいかた、英文が正しいかどうか不安なかたは、日本人らしく謙虚な文章を添えてみたり…。

 

Thank you for your message.
⇒メッセージありがとうございました。

sorry for my poor english.
⇒下手な英語ですみません。

Thank you for liking my fanart.
⇒私の絵を気に入ってくれてありがとうございます。

Because I am not good at writing in English, I hesitated to write to you.
Sorry for my delay!
⇒英語が得意ではないため、お返事遅れてしまいました。
ごめんなさい。

 

スポンサーリンク


 

転載許可する?しない?

 

今回メッセージをくれたのは、Pixivに投稿したイラスト1枚1枚にコメントをしてくれる、ある意味常連さんとなっている海外の方。もちろん英語で「転載許可がほしい」とメッセージが来ました。

 

I am asking for permission to post your art on my Tumblr blog. All credit will be given to your Pixiv page.

Can I put this works on my tumblr?

 

※実際にもらったメッセージではありません。あくまで一例です。

 

私に英文メッセージをくれたひとはスペイン出身のかたでした。自己紹介文は短いですがスペイン語、私に送ってくれたメッセージはすべて英語。やはり英語は世界共通語なんですね……勉強しよう。

今まではスタンプ(ピクシブの機能)だったり「I love this!」など簡潔で短いコメントが多かったので理解できていたのですが、今回は長文できたのでさっぱりわからない。英語で13点をとるようなレベルです。be動詞がわからず卒業したレベルです。(ドン引きしていいんだよ…)

だがしかし、ニコニコ動画やツイッターなどを頻繁に見ているひと、そして絵を描く身としてはなんとなく雰囲気がわかる。転載許可を求めている、のだと。動画・イラストは無断転載でよく問題になっていますからね…。

ひとまず、よくお世話になっているエキサイト翻訳で詳しく内容を調べてみると「tumblr」だけが翻訳されない。っていうか、海外の人からのメッセージを調べてみると「tumblr」という単語が高確率ででてきます。

 

「tumblr」とは?

 

調べてみると“ブログとpixivとツイッターが合わさったSNS”だそうです。画像や動画、音声、文章など、インターネット上の気になったものをなんでも取っておいてシェアできるスクラップブックで、日記やフォロワーとのコミュニケーションもできるそう。知名度は低めですが日本でも利用してる人はいるようでやや安心。

イラストの転載許可メッセージをくれたということは、少なからずイラストを気に入っており保存したい。そして「私のお気に入りのイラストだよ!みてみて!可愛いよね!!?」と感想をシェアしたいということですかね。

悪くない機能ではあると思うのですが使い方によっては問題になりそうです。そして、たびたびPixivに投稿している作家さんと著作権の問題が起きているようです。その問題が“無断転載”。かなり困ってる作家さんも多い様子。お問い合わせして削除依頼をしてるかたもいます。

今回は“無断転載”ではなく“転載許可”ですが、より多くのひとに作品を見てもらえることに嬉しさもあるものの不安要素もあります。

許可したとして、転載されたものを無断転載される可能性もありえなくはない。商用利用なんてもってのほかですが、見て楽しむだけで商用利用されていなかったとしても気分は良くないよね。Pixivに作品を投稿してる時点でこれらの問題が起きる可能性は0ではないのですが…。

また今回転載許可を求められたのはオリジナル作品ではないこと。もともとある作品の二次創作。この二次創作の話はいろいろと意見があると思いますが本題ではないのでさらっといきますが、まぁ……、何となく許可してはいけない感じあるよね。よくよく考えると二次創作って意外とデリケートな部分多いし、いろいろと放置(黙認)されてる部分もあるので…。

今回は常連さんでお世話になってるかたからの申し出だったので、すごく良い顔をしたくなる気持ちがあるのですが、“転載許可しない”方向で返信させていただくことにしました。オリジナル作品だったら許可したかったのですが「万が一問題になったら…」と考えたら、作家の発言って重いものだなと。「許可したの自分じゃん」ってなっちゃいますしね。

なるべく物腰柔らかな英文になるように努力しましたが、言語の壁が立ちはだかって、気持ちを伝えるのってこんなに大変なのかと思いました。微妙な言い回し、ニュアンスが伝わってるかどうか…。このもどかしさというか歯がゆさを感じると、いろんな言語を覚えたくなります。行動に移すかどうかは別にして(笑)

逆に絵は世界共通なんだなと感じました。

断ったあとは怒るわけでもなく「貴重な時間ありがとう。迷惑をかけてごめんね。」と逆に謝られてしまいました。その後、すこしだけ英語でやり取りしましたが、やっぱり海外の人との交流って楽しいですね!私のような英語のレベルだと1文書くだけでかなり時間がかかってしまいますが。

「Sorry for my poor english.(下手な英語でごめんね)」とメッセージを送ったところ「Don’t worry ^-^」と返信してもらいあたたかい気持ちになりました…!

 

【参考英文】
エキサイト翻訳Yahoo!知恵袋二カ国サイトの作り方Weblio英語例文

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA