1日1ページのEDiT手帳を5か月ちょっと使ってみたけど…

 

去年の秋にネット通販で購入した1日1ページのEDiT手帳。
1月から1日1ページが始まり、2か月ちょっと経ちました。
はじめて1日1ページ手帳を使ってみた感想です。

 

スポンサーリンク


 

1日1ページのEDiT手帳

 

buririanto

 

「EDiT手帳」とは真っ白なページが1日1ページ用意されている手帳です。
ほかにも有名なところだと「ほぼ日手帳」があります。

悩みに悩んで選んだのはEDiT手帳で通販で購入しました!

実際に使い始めたのは10月からですが、1日1ページは1月からなので、1日1ページが始まってから2か月ちょっと。これまでの感想をお話ししていきます。

 

1日1ページをはじめて2か月経過した私の手帳

 

まず見てほしいのが1日1ページをはじめて2か月ちょっと経った私の手帳。

 

\ どん!!! /

1457319451539

 

なんということでしょう…。真っ白です。

1日1ページ手帳をはじめる前、あんなにワクワクして張り切っていたのが滑稽ですよ…ほんとうに…。

1日1ページ手帳を始める前は、マンスリーページをみっちり埋めたんですけどね。

 

tecyoukakikomi10gatu

 

その日にやることリストをつけて、レ点でチェックしていたんです。これがすごく順調で1日1日しっかりできていたんです。達成感もあって良かったんです。それが1日1ページになった途端にこれすらもできなくなりました。

 

1457319465368

 

1日1ページのほうにやることリストを書くだけではまず埋まりません。かなりの範囲が真っ白なので、じゃあほかに何を書こうかってなるんです。で、日記でも書くかって思うものの、その時間が確保できなくて結局真っ白。

そして私は言わずもがなインドアなので、そもそも出かける予定というものがない。さみしい奴なのでマンスリーページに書きこむ予定もなく、なかなか埋まらない。これは手帳を買う前から懸念していたことだったので、EDiT手帳で矯正されたらいいなぁと思っていたのですが…。

結局マンスリーページも1日1ページのほうも真っ白になってしまって、1日1回も手帳を開かないことも多いです。今週からリセットしてもう一度気を取り直してやろう!って思っても真っ白なページが続いている手帳を見るだけで気持ちが萎えて続かない私。

そしてちょっとした国際交流中なので1から英語を学び直そうと思い、過ぎてしまった日付の真っ白なページを使って語学勉強用のノートになり果ててます。しかも走り書きで汚い。でもそっちのほうがノートを使ってる感じがあって私は好き。

 

こんなひとには向いていない!?

 

no-to

 

実際にEDiT手帳を使い始めてから5か月ちょっと、1日1ページが始まってから2か月ちょっと過ぎてわかったこと。「こんなひとには向いていない」というのをあげてみます。

 

  • 今まで手帳をしっかり書きこんだことがない
  • やりたいことがたくさんある
  • 面倒臭がりである

 

主に私のことです(笑)

まず過去に手帳というものを買っても毎日手帳を開く習慣というものが身に着かず、手帳に書くのは「歯医者」程度しかないひとには向いていないと思います。

ずばり私です。歯医者に行く予定もないし、出かける気さえ起きないし、出勤するまで鬱だし、定時になったら友人の誘いも断って颯爽と家に帰って引きこもる。これじゃあ予定も入らないわけです。日記書くにしても書くことないやってなるんです。

あと意外と「やりたいことがたくさんある」ひとには向いていないと思います。

これがアウトドアの人間だったら向いているかもしれません。何時に誰とあって、つぎに誰と食事をして……みたいな、もう予定がギュギュっと詰め込まれてるひとは管理するにはいいかもしれない。ひとこと感想みたいなのもつけたりして充実した1ページを書けると思います。

一方インドアの私からしたら”誰かに会う”こともありますけど、主に室内でできることでほぼ1人作業になるんですよね。絵描いたり、漫画読んだり、動画作ったり、イベント行ったり……で、誰かと行動を共にすることはあっても、手帳に書かないと管理できないくらい予定がはいらないっていう。そして自分1人で完結する予定ばかりで管理するほどでもないんですよね。そして睡眠大好きな私は、1日1ページこんなことがありましたっていうのを書く時間さえ惜しい。寝たい。そして寝る。

そしてなにより「面倒」なのです。

毎日開いて毎日予定書いて、あったこと書いて……。アイデアとか妄想をメモしようと思ったら手帳を取り出すのも面倒で、いつも通り近くのメモ帳にささっとかいておわる。

 

2016y03m07d_154305429

 

学生のとき新学期やらで新しいノートを使うと思うんですが、はじめは「よっしゃあ!やってやるぞ!」と張り切って勉強しようと丁寧な字で書きはじめるが、だんだんといつものさぼる癖がでてきて、あとから見返したときに字の汚さを見て一気に萎える感じ。だから、よく紹介されている1日1ページ手帳の描き方のように、デコレーションしたりと凝りたいかたは要注意です。1日1ページ書くだけでかなり時間がかかります。ほんとうに毎日できるか?毎日じゃなくとも真っ白なページを見て続ける気力がなくならないか?

こんなときに性別を出すのもあれですが、女子なんかはバッグにメイクポーチやら生理用品(生々しいが現実)やらいれていて、荷物が常につきまとうと思うのですが、地味に重い手帳はぶっちゃけ邪魔です。できればバッグを軽くしたいひとは考えたほうがいいかも。

 

まとめ

 

今まで手帳を書いたことのないひと、続かなかったひと、面倒臭がりなひとは衝動で買う前にすこし考えたほうがいいかもしれません。

今後、EDiT手帳にはまって愛用していくかもしれないと思ったので、カバーがはずせるタイプの「ブリリアント」を選びましたが、来年使うかは怪しいです。カバー付きより中身単体(リフィル)なら安いので使うかもしれませんが、来年は100均でもいいかもなぁ…。

EDiT手帳の種類

 

hukidasi2

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA