効果がない!?日焼け止めの正しい選び方・使い方・塗り方

 

気象庁が春先からの紫外線対策をするよう呼び掛けているそうです。

紫外線対策といえば”日焼け止め”。シミ対策にもなって夏はかかせないものですが、日焼け止めの正しい選び方、そして使い方をしていないと、せっかく塗ったのに効果がない!なんてことになるかも。

日焼け止めの正しい選び方・使い方・塗り方を今一度まとめてみました!

 

スポンサーリンク


 

日焼け止めの効果がない!?

 

2015hiyakedome

 

皮膚科では日焼け止めを塗ったのにもかかわらず、
日焼けをした・シミになったという患者さんも多いそうです。

実は紫外線対策をしたつもりになっているひとが多いのだそう。

正しい紫外線対策ができていないってかたが多いんですね。

 

日焼け止めの選び方

 

日焼け止めを選ぶうえで何を基準として選んでいますか?

まず一つの基準となるのが”SPF”ですよね。
「とりあえず数値が高いものを買っておけば大丈夫」と選んでいませんか?

SPFは紫外線防護の時間のことをいい、SPFの数値の意味というのは、何も塗らなかったときに比べて日焼けするまでの時間を何倍に延ばせるかということです。

平均的な日本人の場合は、だいたい真夏の紫外線で皮膚が赤くなってしまうまでの時間が20分くらいと言われています。SPF2であればその時間を40分に延ばせるということです。

「SPF50の日焼け止めを塗って置けば大丈夫だろう」と思いがちですが、SPF20の日焼け止めを塗れば、だいたい400分(6時間以上)は紫外線から肌を守ってくれるのです。

SPFの数値が強ければ、中に入っているものの密度も高く、肌への負担も大きくなります。日常の外出が2時間以内の人の場合は、SPF25前後ぐらいの日焼け止めを使うのが良いそうです。

また日焼け止めのなかには2~3時間ごとに塗り直してくださいという注意書きがあるものもあります。こまめに塗り直さないと効果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

 

日焼け止めの正しい使い方

 

こまめに塗り直すのはさんざん言われているのでいいとして、
使う量によって効果が違ってくるのは知っていますか?

顔全体に日焼け止めを使う場合、どれくらいの量を手に出しますか?

クリームタイプのものだったら真珠粒2つ分、
乳液タイプのものだったら500円玉大が正解だそうです。

 

2016y03m14d_213422275

 

「あ、私少ないかも…」と思った方多いのではないでしょうか。
なんてたってこの正しい量と言われる真珠粒2つ分、クリームタイプだと場合によっては顔が真っ白になりますからね…(苦笑)

SPFの数値は、国際SPF測定法(紫外線の防止効果に関する国際的な基準)によって細かく定められています。その効果が得られるためには、皮ふ1cm×1cmに対して2mg塗った場合に限ると言われているのです。※顔に限らず腕や足も。

それを知らないひとが多いため、紫外線対策をしているのにだんだんシミが増えていく、ということになってしまうひとが多いんだそう。

これくらい塗らないと書かれている数字通りの効果は出ないので、このあとメイクするから厚くしたくないとかすぐなくなってしまうとかあるとは思いますが、ケチらずに正しい量を塗らなきゃですね!

 

日焼け止めの正しい塗り方

 

手のひらに日焼け止めを出し、指ですくって顔にのせて、指でのばすように塗ってる方、多いのではないでしょうか。この塗り方、逆に日焼け止めをふき取っていることになるのでダメなんです。

正しい塗り方は指でのばすのではなく、たたくように肌の上にのせること。

なので、白く残らないタイプのものを選ぶといいですね◎

また日焼け止めを毎日塗ることにより、
肌が乾燥したり荒れてしまう人が中にはいるかと思います。

紫外線対策しなきゃ!と義務感で荒れても塗り続けてしまうひとも多いですが、それは逆効果なのですぐにやめましょう。

かぶれてしまう場合は日焼け止めを変えてみる。
それでもダメならファンデーションや日傘、帽子などで
紫外線対策をサポートすることも大事です。

 

まとめ

 

  • SPFとは、紫外線を浴びた際に日焼けするまでの時間をどれだけ延ばせるかの数値である。
  • クリームタイプは真珠粒2つ分、乳液タイプは500円玉大
  • のばすのではなく、たたくように塗る

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA