【服の描き方】スーツの描き方~スラックス編~

 

魅力的なスーツ姿を描くためにスーツの知識を身に着けて、形を覚えて……なんて努力続かねえ!!手っ取り早くスーツが描きたい!!っていうかた向けの、それっぽく見えるスーツの描き方講座です。

今回はスラックス編です。スーツのズボンを描きます。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

surakkusu

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

スーツ姿の描き方に関連する講座

 

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

スラックスの描き方講座

 

スラックスを描くポイントを画像でまとめてみました。

 

surakkusu1

  • 股上が長い
  • 股下は直角に膝を曲げたとき、足首が見える長さ

 

surakkusu1-2

 

しわはあまりいれないほうがカッコイイです。
いれすぎるとヨレヨレ&しわしわでみっともない姿になるのでね!

 

surakkusu3

 

折り目(緑の線)は必ず描きます。
これをいれるだけでスラックス感がでる魔法の線です。

 

surakkusu2

 

ちなみに後ろにあるポケットのボタンですが…

 

surakkusu4

 

surakkusu5

物をいれていないときはボタンでとめており、ハンカチなどをいれてるときはボタンを外すようです。(一応スーツ専門店のHPで確認しましたが、間違ってたらごめんなさい。)

長財布とかスラックスの形が崩れるような大きいものはいれないほうがいいです。ハンカチを忍ばせる程度がちょうど良さげ。

 

おすすめ講座

 

 

私の描き方講座よりもはるかに真面目に、知識も身に着く講座があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA