【靴の描き方】スーツの描き方~ビジネスシューズ編~

 

魅力的なスーツ姿を描くためにスーツの知識を身に着けて、形を覚えて……なんて努力続かねえ!!手っ取り早くスーツが描きたい!!っていうかた向けの、それっぽく見えるスーツの描き方講座です。

今回はシューズ編です。スーツに合うシューズを描きます。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

syu-zu

 

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

スーツ姿の描き方に関連する講座

 

参考資料はスーツの専門店さん。柄、形の参考になると思いますのでぜひ。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

スーツに合うシューズの描き方講座

 

ビジネスシューズがそもそもどんな形をしているのか。

有名スーツ専門店の洋服の青山さんのサイトで靴の形を紹介してあったのでイラスト化しました。※一部トレス&模写。

ビジネスシューズの種類は主に4種類あって、つま先部分のデザインによってわけられます。

 

syu-zu4

青山さんで売っている4種類の靴をいろんな角度で見てみます。※画力が足りなかったので商品画像をお借りしています。青山さんで購入できますので男性のかたで気に入ったかたはぜひ!!

 

  • ストレートチップ
    ストレートな一本ライン模様。あらゆるシーンに対応できます。

syu-zu5-1

  • プレーントゥ
    一枚革で作られたベーシックなタイプ。主に礼装向けですが、ビジネスでもOK。

syu-zu5-2

  • ウィングチップ
    鳥の翼のようなW型の飾りをあしらったタイプ。カジュアル向き。

syu-zu5-3

  • Uチップ
    U型の縫い目が特徴。別称モカ。カジュアルにもビジネスにも使えます。

syu-zu5-4

 

スポンサーリンク


 

シューズを描くまえに、ざっくりした足の描き方。

 

tumiki

 

tumikiiii

 

はじめは足の下書きを描いてから靴を描いたほうがいいです。

 

syu-zu1

syu-zu1-1

syu-zu1-2

syu-zu1-3

syu-zu1-4

 

ビジネスシューズを調べて思ったのは、意外とリボンで縛る靴がないってこと。もちろんあるやつはあるんだけど、ないのも普通にあるから、描くときはお好みで。私は面倒くさいのでリボンがないタイプを描くけどね!!!

こんな調子で大体でいいので足をかいてから靴を履かせてみました。

 

syu-zu2

syu-zu2-1

 

syu-zu3

syu-zu3-1

 

 

おすすめ講座

 

私の描き方講座よりもはるかに真面目に、知識も身に着く講座があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク


 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA