時間が経つのを早く感じる方法

 

時間経つの遅い!はやく時間が経ってほしい!

そんなときに使える、超個人的に効果があった、
時間が経つのを早く感じる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

はやく帰りたい!!

 

jikantataneee

 

1年間を総合的にみると、年々時間が経つのがはやいと感じています。
…が、仕事をしている間はどうしてこんなに時間が経つのが遅いの!?

「はやく帰りたいはやく帰りたい……」

家にいたい!引きこもりたい!っていうインドア星人なので、
昔から学校や職場に行く前から呪文のようによく唱えていました。

胸らへんがモヤモヤして足が落ち着かない感じになります。
床に寝転がっていきたくないって泣きわめく感じ。
本当に泣きたくなるくらい行きたくないときが多い。

バイトは夕方からなのに朝から憂鬱な状態で結構きつい。
何をやるにしてもやる気がでない。集中できない。頭でバイトがチラつく。

行ったら何とかなるって言うけど、早く帰りたい気持ちに変わりはない。

あまりにも行きたくない気持ちが出過ぎて前置きが長くなりましたが、
今まで試した中で、時間が経つのが早く感じる方法を紹介しようと思います。

 

集中しているとあっという間に時間は過ぎる

 

集中しているとき・楽しいときは何だか時間がはやい。
身をもって体験しているひとが多いと思います。

楽しいときってそれに対して集中するから
頻繁に時計も見ないし、時間を気にしない。
だからあっという間に過ぎてる。

この理論で時間が早く経つ方法をいくつかあげます。

 

妄想をする

 

これが一番効果的な気がする。
自分が没頭できる妄想をするのがいいです。

イラストとか小説とか書いてるひとは得意じゃないでしょうか?
ちなみに私は大得意です。頭の中でドラマ1本できます。

お腹いっぱい美味しいものを食べる想像ではなく、
アイドルが好きならアイドルとイチャイチャしてる妄想とか。

私の場合は二次元好き・腐ってる故、
好きなキャラの二次創作なるものを妄想しています。
「この設定面白そう」とか「次のネタこれにしよう」って。

普段寝る前が妄想をする時間なら、仕事中を妄想の時間にしちゃう。
真面目に働いてるフリして頭の中で「ムフフ…」状態です。

趣味の時間に変えてしまおう!という方法。

 

音楽をかける

 

頭の中で好きな音楽をひたすらかける。

好きな音楽聴いて寝ようと思ったら
ついうっかり夜更かしすることが多いです。

1曲で3~5分程度。好きな曲が5分だったら、
その曲を12回聴けばあっという間に1時間。
好きな曲ならそれくらい苦じゃないと思いませんか?
ずっと同じ曲を頭の中で流すわけじゃないしね。

もうちょっとレベルが高いひとなら頭の中で大熱唱。
まるでコンサート中のように、PVのようにノリノリで。

すでに音楽がかかってるところ(スーパーとか)だと
上手く頭の中で音楽をかけれないのが難点。

 

ゲーム感覚で仕事する

 

いっそ仕事に集中するという方法。
ただし、仕事自体がイヤなひとにはそれは無理なので
ゲームをしてる感覚で仕事に集中します。

30分で書類をつくるとか時間制限を設けて
どれくらいはやく仕事ができるかっていうゲームをする。

レジでどれくらいはやくお客さんをさばけるか。

無心でできるので最終手段に使ってます。

 

スポンサーリンク


 

時計を見るなら予想してから見る

 

はやく時間が経ってほしいあまり時計をチラチラ見てしまう。
これが時間を遅くしている原因でもあるんですよね。

「まだ5分しか経ってない」っていうのを繰り返すと遅く感じます。

なので時計を見過ぎないこと。大事です。

どうしても時計が見たいなら、予想をしてから見る。
なるべく謙虚に予想しておけば、「予想通り」か「実際のほうが時間経ってるじゃん!」ってなるので、遅いと感じない。

時間を予想してから時計を見る
  ↓
妄想するなりして何かに集中
  ↓
時間を予想してから時計を見る

これをずっと繰り返していく。

 

もうこんなに時間が経ってると実感する

 

先ほど紹介した〝予想して時間をみる〟方法。
これを繰り返してる途中で、たまに時間をさかのぼってみます。

「2時間前は行きたくないって思ってたけど、なんだかんだ2時間も経ってる」

これをまた2時間後くらいにもう一度さかのぼる。

「さっき考えてから2時間も経ってる。
行きたくないって思ってたのはもう4時間前の話か」

「あと4時間働かないといけないけど、4時間なんてあっという間だなぁ」

こんなようなことをもう何年もやっている私です(笑)
これを他の人に話すと「ナニソレ」って顔されますが、
個人的に一番効果がある方法なので続けています。

 

まとめ

 

あまり時間を意識しないで好きなことに集中!

思わずニヤニヤしたりムフフしちゃうことあるけど、
仕事に支障がでない程度なら問題ないはず。

「なんとか今まで乗り切ってきたんだ」って
自分を奮い立たせるのもいいかもしれないです。

バスケの授業がものすごいイヤだったときを思い出すと、
それに比べればまだマシだと感じて、なんとか乗り切れる気がする。

 

hukidasi2

 

スポンサーリンク


4件のコメント

  • 最高に読んでて面白かったですwありがとうございました。私もこの方法使って毎日生きていけてますwww

    • マサ

      コメントありがとうございます!恐れ多いお言葉ありがとうございます…!「妄想してます!」とか恥を捨てて暴露した甲斐がありました。そして毎日生きていけてるようで私も嬉しいですー!それがなによりです(´∀`)

  • はりー

    明日早速実践ですね!

    • マサ

      ぜひぜひ!!

コメントを残す




CAPTCHA