金スマで中居とベッキーが不倫騒動について話した内容全文

 

金スマで中居とベッキーが対談式で不倫騒動について話したので、見れなかったかたのためにその全文をおこしました。

普段は芸能関係は疎いのですが、あれだけ話題になっていたので気になったので記事にしました。聞き間違いがあったらすみません…!

 

スポンサーリンク


 

金スマでベッキーが不倫騒動の事実を話す

 

2016y05m14d_222224329

 

金スマで中居正広とベッキーの対談式で謝罪の場が設けられました。
ベッキーのテレビ復帰となるきっかけになるようですね。

ベッキーとゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫騒動で謹慎中、約3か月の間は料理の練習をしたり読書をしたりと家で引きこもって生活をしていたようです。太陽の光をちゃんと浴びたのは金スマのロケで初だと言っていました。

そして今回の対談で不倫の事実を認めております。
かなり黒だと思ってましたが本当に黒でしたねー…。

不倫に至った経緯LINE流出実家に行ったことなどについてベッキーが告白しています。

さきほども言いましたが、今回の金スマを見ていろいろ思うところはあるのですが、本当に芸能関係は疎いので個人的感想は控えさせていただきますー!汗

しっとりした雰囲気でひっそり喋るような場面や涙を流すシーンもありましたので、もし聞き間違いがあったらすみません。また誤字脱字があるかと思いますがそのときはスルーもしくはやんわり指摘してください。汗

 

スポンサーリンク


 

金スマで話す不倫騒動についての謝罪文

 

2016y05m14d_222224329

 

中居:久しぶりだね。
ベッキー:ですね。
中:友達に「元気だった~?」っていうのとはちょっと違うね
ベ:(無言でうなずく)
中:元気だった?
ベ:元気……元気ではない。
中:元気ではない?
ベ:なかったですね。(涙ぐむ)
中:今日話すことで、一つだけ守ってほしいことは、嘘は言ってほしくない。
ベ:はい。わかりました。
中:でも言えないことがあるんなら、正直に嘘はつかずに言えません、話せません、と答えてほしい。
ベ:わかりました。
中:そのほうが良いような気がするんだよね。言えないことがあまりにもありすぎるような気がして。
ベ:はい。

 

2016y05m14d_223326434

 

中:ベツキー(金スマでのあだ名)は何が辛かった?何が苦しかったですか?
ベ:(しばらくの間)……私は人を傷つけた側なのであまり言えるような立場ではないんですけど…
中:うん
ベ:……私はこんなふうに1人の女性をを傷つけてしまったんだという罪の大きさと、……私に届く厳しい声、正直辛いものもありました。当たり前だと思いつつ、でも辛い…かったし。あとは、多くの方々にご迷惑をおかけした。多くの方々を悲しませてしまったこと。……お仕事ができないこと。
中:うん
ベ:こういう恋愛ができるのかなって思い描いていたのと、現実が違うってこと。
中:ベツキーの気持ちはベツキーにしか分からない。ベツキーの罪はベツキーの罪でしかないかもしれない。
ベ:はい。でもそれだけひどいことをしてしまったのできっと…
中:何がひどいことだったんですか?
ベ:……奥様がいる男性を好きになってしまって、その奥様をひどく傷つけてしまいました。
中:うん
ベ:あとはお仕事関係者の皆様もそうですし、応援してる方々も傷つけてしまいました。
中:傷つけてしまったのは…ひとりかもしれないね、直接ね。
ベ:そうですね。

中:あの会見に、嘘はありましたか?
ベ:(しばらくの間)……嘘はありました。

中:あった。正直に言えませんでしたか?
ベ:……その男性…と出会って好きになって、ふたりで出かけるようになって、そのあとに奥様がいることを知って、……でもお互い気持ちがあるのは分かってたから、じゃあお付き合いは、正式なお付き合いはちゃんと離婚してからだねっていう話になっていたんです。…でも…
中:順番が間違ったことに途中で気づいたんだね。
ベ:そうですね。そこでブレーキをかければよかったんですけど、…いや、友達のままでいようね友達のままでいようねって言いながら何度も会ってしまって、気持ちがどんどん大きくなってしまって…それからこれは友達だもんねって言い聞かせながら会っていったので…、だから正直、ほんとに複雑なことになってしまうんですけど、記者会見で「お付き合いという事実はありません」っていうのは半分「正式には付き合っていないんです」っていう、
中:相手を好きだったんでしょ?
ベ:はい。
中:で、恋はしてないの?
ベ:いやもう恋愛関係です。
中:恋愛関係なんでしょ?で、なに今の。付き合ってはないって…
ベ:まぁ……
中:恋愛はしてるけど付き合ってはいないんだ?
ベ:そこはもう子供の言い訳みたいだったんですよ。
中:そこだね。そこはでもちょっと、俺は別に(自分が)意地悪だと思われてもいいから、そこはちゃんとしたほうが良さそうだね。
ベ:はい。
中:だからちょっとほんとに、下世話な話になっちゃうね。言いたくないのはわかるよ。……なんかそうなんだ。俺もあんまり口にしたくない感じだねそれは。
ベ:……

 

2016y05m14d_231451369

 

中:でも旅行にいって、付き合ってないっていうのは通用しないんじゃないか。
ベ:はい、おっしゃるとおりです。
中:……お付き合いはしてたんだ。
ベ:はい、そうですね。
中:気持ち的には。
ベ:はい。もう気持ちが通った時点で不倫だと思います。
中:うん。……LINEがさ、なんか出て、会見に出てからLINEが出たんでしょ?どういうのが出たんですか?
ベ:会見の前夜なのに「ありがとう文春」って言ってしまったり…
中:会見の前の日になんかすっげえ「こんなんでいこっかぁ」みたいな…
ベ:「これをきっかけに堂々と街を歩けるかもね」とか、その頃はまだ感情に溺れてまだお付き合いをしたいと思っていたので…
中:……
ベ:ごめんなさい。本当に…

 

2016y05m15d_005124528

 

中:今、彼とは会ってますか?
ベ:会ってません。もう連絡も1月の中旬からとってません。
中:…っそれで大丈夫なの?それは環境がそうさせてしまったのか、相手のことがもう連絡もとりたくない人になってしまったのか。(それは)わかんないの?
ベ:最初の報道があって、その次の週に奥様のインタビューの記事がでたんですね。そこで私は奥様の気持ちをはじめて知って「ハッ、私はこんなふうに人を傷つけたんだ。実際はこうだったんだ」。
中:別れるかもしれないからそれを待って、順番間違えちゃったけどちょっとスピード緩めていこうか。だからそっち(離婚)の準備ができてるんじゃないのかな。(奥様のインタビューの記事が)でました。意外や意外、そんなことでもなかった。
ベ:そこで自分の罪の大きさをさらに知って、…本当にこれは間違った恋だったんだと知って……もうそこから連絡は取ってないです。
中:間違った恋なんだなぁ……ってなんで思ったんだろう。
ベ:…っもう夫婦関係は破たんしていると、私は思っていたので、……あぁこれは間違った恋だなぁっていう認識も(奥様がいると知ったときにも)正直ありました。でも!……そのうち、お別れ(離婚)を、するかもしれないし、ちょっと順番違うけど、……っていう思いもあったりとかしちゃって。でも実際インタビューを見たら、奥様は男性に対するお気持ちもしっかりあったし、その…奥様は長崎のご実家に行かれることを楽しみにしてた、っていうことも書いてあって……そこに私が行ったわけですから……本当に最低なことをしてしまったなと。
中:あのときはどんな時期?お正月。変な話、まだ奥さんがいることは…
ベ:知ってました。
中:知ってたんだ。
ベ:はい。
中:……好きな人の実家。
ベ:本当に最低なことをしてしまいました。
中:それは今すっごい感じるんだ。
ベ:はい。……なんか、そうですね……。(涙を流す)相手の立場に立って物事を考えるっていうことができてなかったですね。自分の気持ちの事しか考えてなかったです。

 

2016y05m14d_234624620

 

中:なんで行ったのかな。ベツキーはなんでお正月に彼の実家に行ったのかな?それはどっかでご挨拶、とか、意識してたのかな?
ベ:(しばらくの間)……親戚のお子さんがいらっしゃって会わせたいということで、お誘いを頂いて……行きました。
中:そうだよね。自分の好きな人…
ベ:そうですね。私は、自分の都合の良いようにとってしまったんですよね。実家ってことは真剣に考えてくれてるのかなという、……浅はかな、愚かな考えで行ってしまいました。
中:誘われたんだ。来ない?って。
ベ:はい。
中:もしそんな機会があったら行きたいよね。で子供たちと私が会ったら、私にできることならば。でも、よくよく考えてみると、いやいや実家だろ。実家だって、
ベ:絶対に行っちゃいけなかったです。気持ちが大きくなっちゃって、周りが見えてなかったですね。本当に愚かでした。本当に。
中:いやぁ……好きだったんだよね~…
ベ:はい。(涙を流しながら)断る勇気を持てなかったです。断ってしまうと……男性の気持ちが離れちゃうんじゃないかと思ってしまって、そこがほんとに情けないです自分でも…
中:それは周りから見ればそれはてめぇの都合だ!ってことなんだよね。
ベ:そうです、ほんっとに。
中:でも!…好きになったらそうなのよ。
ベ:いや、でもやっぱりブレーキをかけなきゃいけないです。(涙を拭きながら)たぶんブレーキかけられるポイントいくつもあったのに、毎回私はかけられず…
中:好きだからしょうがないって俺は思うんだけど、いやいやそれはてめぇの都合だってのもあるの。
ベ:最低でした……
中:もう好きじゃないんですか?
ベ:……好きじゃないです。
中:……好きじゃないですか?
ベ:うん……もちろん報道がでたあとは好きな気持ちはありましたし、正直報道が落ち着いたら……何カ月後かにまた出会ってそこから恋が始まるかなって思いも正直ありました。
中:ありました。た。
ベ:ありましたけど、奥様の気持ちを知って、自分の罪の大きさを知って、あ、これはダメだと。
中:こういう恋はいけない=今まで好きなひとはすぐ「明日からこういう恋愛はおかしいんで嫌い」です。そういうふうに…
ベ:一瞬ではならないです。たぶん頭でまず…考えて「好きじゃない好きじゃない」で、それに心が追い付いていったかもしれない。
中:今ベツキーは、好き?
ベ:好きじゃないです。
中:好きじゃない。
ベ:好きではないです。
中:……あ、そう。すっげー好きだったんだね。
ベ:(再び涙を流す)……そうですね。……それは好きでした。ごめんなさい。

 

2016y05m15d_001056105

 

中:すっごい半年だったね。
ベ:(無言でうなずく)
中:テレビ見てるひといっぱいいると思うし、ベッキーのファンもいっぱいいるし。やっぱり誠実なイメージもあるし、そんなベッキーが不倫をしてたんじゃないか、記者会見も歯切れが悪かった、嘘を吐いてたんじゃないか、……その裏切りっていうのは否めないところあるよね。
ベ:はい。
中:それを含めて、見てるひとに思ってること何かあったら最後に教えてください。
ベ:(しばらくの間)……ファンの皆様、世間の皆様をお騒がせしてしまったことを本当に申し訳なく思っております。(お辞儀)1月に行った記者会見は…たくさんの間違いがありました。……言葉を届けるお仕事をしているのにも関わらず事実と違うことをお伝えしてしまって本当に深く反省しております。(涙を流しながら)人としても、プロとしても、……本当に最低なことをしてしまいました。色々な方々を傷つけ、悲しませ、裏切ってしまい、本当に深く深く反省しています。……お許しはいただけないとは思うんですけれども、また……このテレビのお仕事を0から頑張らせていただきたいなと思っています。
中:言ったね。
ベ:はい。
中:今の言葉には嘘はないですね。
ベ:嘘ないです。本当に深く反省しております。もう二度と皆さんを裏切ることのないように。本当にすみません。

 

2016y05m15d_004305295

 

中:こうやって今日話してくれるのはすごい覚悟があったと思うし、今後もしばらく覚悟をもってね、
ベ:もちろんです。
中:叩かれることはあるかもしれないけど、頑張ろうね。
ベ:はい。頑張ります。

中:……じゃあ、俺、帰るわ(笑)
ベ:はい、貴重なお時間ありがとうございました。
中:すっげー貴重だよ。
ベ:本当すみません。
中:俺さ、正座してないのに足しびれたよ(笑)

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA