【服の描き方】ベストの描き方(執事・紳士・スーツ)

 

スーツと合わせるほかに、執事、カフェの店員さんなどにも使えるイケメンアイテム“ベスト”のお絵かき講座です。これで紳士的なお兄さんが増えることを願って下手っぴながら講座をさせていただきました!

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

hyousi

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

ベストの描き方に関連する講座

 

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

ベストの描き方講座

 

ベストを描くポイントを画像でまとめてみました。
人物は某漫画の英国紳士を若干意識してます(笑)

 

besuto1

 

上のようなベストを描いていきます。

…とここで、講座をしていくにあたって色んなベストを調べてみたのですが、どうもいまいちピンとこないというか、理想的なベストを着こなしているひとが少ない。

ここでいう理想的っていうのはこんな感じ。

 

besuto2-2

 

こう…なんというか体にフィットしてるベストが現実にはほぼないんですね。
オーダーメイドだとこんな感じにフィットするのか?
よくわからないが調べてみたところ現実のベストはこんな感じ。

 

besuto2

 

ちょっとブカッとしてるのが多かったです。

なので、今回は理想のベストと現実のベストの中間ぐらいの形でいきます。
(といいつつ割と理想寄りになっちゃってるのは否めないですが…)

 

正面を描く

 

ボタンの数

 

besuto1-2

 

調べているとやたらボタンの多いベストもありました。なので5個って決まってるわけじゃないようです。私が調べたなかで一番多く感じたのが5個だったのでこの講座では5個でいきます。

また一番下のボタンは開けておくのがベターなようです。一番下のボタンを閉じてるとスーツと同じように座ったときに形が崩れるからかと(曖昧な知識)。一般的な着方なのかも。このほうがこなれ感というか普段から着慣れてる感じがしていいですね。ただやたらボタンの多いベストは一番下のボタンを閉めてました。

 

それっぽく見えるポイント

 

この線を描くだけでグッとベストっぽくなる魔法の線です。

 

besuto3

 

ポケットの種類は調べた感じざっくり3種類ありました。
厳密にはもっと種類があるのかもしれませんが……。

 

besuto4

 

右上はポケットにふたがついてるタイプで、左上と左下はふたのないポケット。

 

スポンサーリンク


 

後ろ姿を描く

 

besuto5

 

背中はベルト(っていうのか?)がついてます。

 

besuto6-1

 

ベルトがついてる位置は真横です。

 

besuto6-2

 

それっぽく見えるポイント

 

besuto6

 

脇のやや下から、正面と同じ要領で線を引きます。
これだけで描きこんでるように見える、はず。

 

真横を描く

 

ベストの前と後ろをつなぎ合わせてる線を描きます。

 

besuto7

 

一番下までつなぎ合わせずにちょっとあける。

 

besuto8

 

ちょっとしたことだけど、これを描くだけでベストらしくなると思います。

 

スポンサーリンク


 

ベストのデザイン

 

前と後ろで色や柄を変えたり……

 

besuto9

 

ストライプにしてみたり……

 

besuto9-1

 

あまり講座らしい感じではありませんでしたが、描くポイントになっていたら幸いです。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA