【体の描き方】正面顔を描くときのバランスの取り方

 

ポーズをつけたりすると正面顔を描くことはあまりないかもしれないけど、基本中の基本といっても過言ではないであろう正面から見た顔をおさえておくと後々役に立つはず。
左右対称になるのでバランスを取るのが難しいけどアタリをつけると簡単に描ける正面顔です。パーツのバランスを捉える意味でも練習になるので、お絵かき初心者のかた、今まで正面顔を避けてきたかた、良かったらお付き合いください。

参考元は大変勉強になる「sensei by pixiv」です。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

体の描き方に関連する講座

 

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

正面から見たときの顔

 

絵を描いてるとき一番楽しいと感じてるひとも多いであろう

顔から首(もしくは肩)までしか描かないイラストはお絵かき初心者さんにありがちですね。

馬鹿にしてるわけでも鼻で笑ってるわけでもないです。例にもれず私も顔を描いてるときが一番楽しいし、顔描いて力尽きるのもよくあるので、本当に楽しいの分かります。「顔より下を描かないといつまでたっても上達しないよ!!」って言われるのも分かってるけど「やっぱ体よくわかんねえ!描けねえ!顔さえ曖昧なところあるのに無理だわ!」ってなるのも分かる。

ので!お絵かき上達方法として、
「まずは描いてて楽しい顔をある程度マスターしてからその次に行こう!」
っていうのを提案したいわけです。

極端に言うと「全部のパーツ(顔、手、脚、胸など)をバランス良く同時に覚えていく」よりも「顔を覚えたら首。そのあとは肩」みたいな方法です。完璧じゃなくていいので曖昧な箇所をなくすのを目標にステップを踏もうってことです。

今回は基本中の基本である顔なので、

  • 全く顔が描けないひと
  • 全く顔が描けないわけじゃないけど曖昧なひと
  • 苦手な部分をごまかして描いているひと
  • 正面の顔が描けないひと

以上に該当するかた向けの講座になっています。

早速始めていきます。

 

正面顔の描き方

 

あらかじめ言っておくと、顔を描く前のアタリ(下描き)の作業工程が長いです。慣れるとささーっと描けてしまうので、苦労するのはほんの初めだけだと思って、とりあえず紙と鉛筆を用意して実際に描いてね!!読むのと描くのでは違うからね!!

 

また、この講座では、よくある円で顔全体を捉える方法ではなく、円で頭を捉える方法を紹介しています。

左の方法で上手くバランスが取れないひとにこそ、ぜひ試してほしい右の方法。
描く線は少し増えてるけど、そのぶん空白が少なくバランスも取りやすいオススメの方法です。※今回紹介する方法になります。

 

そして、今回描くのは“整っている男性の顔”です。悪く言えば個性がないとも言うが、最低でも平均的なイケメン顔が描けるようにしています。大人の顔と子供の顔、童顔の男性、綺麗系の女性、キャラクターごとに輪郭、目、鼻、口などの大きさは変わってくるので、応用してください。

 

 

スポンサーリンク


 

 

まずは頭蓋骨にあたる丸を描きます。“頭の大きさ”であって、“顔の大きさ”ではありません。フリーハンドで大丈夫です。

顔の中心となる線を引きます。下に半径の長さぶん飛び出してください。

さっき引いた線が1:1になるように横に線を引きます。

さらに横に線を引きます。

次に輪郭を描きます。
はじめに描いた丸と繋がるように、一番下の線を目安に曲線を描きます。
※シャープな男性の場合であって、もうすこしふっくらしてるキャラクターなら赤枠に沿うようにして描いてね。

目の位置を描きます。
目の大きさは四角の大きさで表しています。目と目の間は目ひとつぶん。目の中心は半顔が1:1になるように。

眉毛は目ひとつ分上を目安に。
※目と眉が近づくほど外国人(イケメン)風になります。基本的には“男性は近く”、“女性は離す”と男性らしく、女性らしくなります。顔立ちがシャープで凛々しい女性を描きたいときは近づける。童顔の元気な男の子を描きたいときは離す。

三角形で鼻の位置を取ります。
鼻が小さいと小奇麗な顔つきになる。大きいと男らしくなる。(当社比)

口の位置を描きます。

鼻の下3分の1、顎は3分の2になるようにすると外国人風の整った顔立ちになります。恐らく。
1:1で紹介しているかたもいますが、私の絵柄上(?)どうしても鼻の下が延びると不細工になるので、私は断然3分の1:3分の2派です。
現実的な話をすると1:1は日本人に多い比率な気がします。とはいっても押し付けるつもりもありませんし、絵に正解はないと思っているので「もう少し下のほうが私の絵柄(キャラクター)に合っているわ」というときは自分好みに変えてくださいね!

また口の大きさなんかもキャラクターによって違うかと思うので、本当にこれは目安ってことで…!迷ったらこれくらいにしとけっていう目安で……!!!

生え際を描きます。
前髪を描く際にあると便利な線で、おでこの範囲も狭すぎず広すぎず描くことができるので描いておきましょう。

耳の位置は、目と鼻の間になります。
耳も人によって見える範囲が違ってくるので大きさも形もお任せ。……ですが「それだと困る!決めちゃってよ!」ってかたは赤枠内に収まるように描けば、とりあえず不細工にはならない。

これでアタリは完成しました!!!

アタリを目安に正面の顔を描きます。

これだと見本のような正面顔で、実際にアタリを使って描く絵柄とはかけ離れていますねえ…。坊主だし個性もないし坊主だし坊主だし…。

もう少し実践的な絵柄で描いたのがこちら。

若干ドヤ顔かましてて申し訳ないのですが、ほどほどに左右対称に描けているはず。
生え際のアタリは前髪の始点にもなるので、おでこも広すぎず狭すぎずで描けると思います。

あとはお好きに色などを塗って頂いて、やっと完成です。

なれるとささーっと描くことができるので、文章にするとながったらしい手順もあっという間です。私の場合は、円だけの下描きのほうは、下描きはあっという間だけど結局何回も顔を描きなおして余計に時間がかかるんですがね(汗) 描き方は個人個人で違うし、こうやって描きましょうとは言わないので、一つの方法として受け止めていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク


 

よくある丸ひとつで顔全体を捉える方法なのですが、感覚で描くのが苦手な私には丸だけでは曖昧で使いこなせませんでした。
特に正面の顔は左右で輪郭がぼこぼこしたりで、そもそもの問題なんですけど綺麗な丸が描けないということもあったので、今回紹介したやり方が今のところしっくりきています。全部数字化するのも個人的に描きやすい。そうしないと覚えられない数学脳。

改めて記事にまとめてみて「下描きって大事なんだなあ」と基礎すぎることを底辺ながらに思うのでした。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

2件のコメント

  • ユウ

    マサ様

    はじめまして。
    正面顔の描き方講座、拝見させていただきました。

    最近興味を持って人物絵の練習をしていたのですが、
    なかなか思ったように顔を描けずに悩んでいたところ、
    こちらのサイトに辿り着きました。

    講座の通りの手順で描いてみましたら、
    これまで描く度に頭が大きくなったり小さくなったりしていた顔が
    安定したバランスで描けるようになりました。
    まだまだ練習は必要そうですが、
    マサ様の講座のおかげでようやく第一歩を踏み出せたと思います。

    解りやすい、素敵な講座をありがとうございます。
    まだ他の描き方講座にまでは進めていないのですが、
    こういうのを知りたかった……!という内容のものがたくさんあって、
    本当にうれしいです。

    これから、マサ様の講座でお世話になります……!

    • マサ

      ユウ様

      はじめまして。マサと申します。
      丁寧なコメントありがとうございます。

      私なんかの拙い講座を実際に取り組んでいただき、
      また第一歩踏み出すことができたこと、
      自分のことのようにとってもとっても嬉しいです!!

      私自身まだまだ未熟など素人で、
      少しずつですがコツコツ日々独学中です。
      そのため曖昧な表現も多々あるかと思いますが、
      少しでもお力になれたようで安心しました。

      もし「もう少しここの説明が欲しい」「ここ違うんじゃない?」等、
      不明な点や気になる点がありましたら、お気軽にコメント頂けたら嬉しいです。
      より分かりやすくなるよう改善致します。

      ど素人だからこそわかる”躓きやすいところ”が説明できたらと思い講座をはじめたので、
      ユウ様のコメントが大変嬉しく、また同じように上達を目指している仲間がいることに、
      より一層上達に向けて頑張ろうと改めて思いました…!

      講座の数はまだまだ少なく、
      絵の勉強をしながらなので更新も遅いかと思います。
      ユウ様が必要とする講座がないかもしれませんが、
      またお役に立てる機会がありましたら幸いです。

      嬉しさのあまり長文となってしまいましたが(笑)
      本当に嬉しい報告ありがとうございました!!
      こちらこそ、これからどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す




CAPTCHA