【体の描き方】横顔を描くときのバランスの取り方

 

恐らく誰もが絵かきの道に立ちはだかる横顔という名の壁。
前回の『正面顔の描き方』につづいて、今回は『横顔の描き方』を紹介します。

参考元は大変勉強になる「sensei by pixiv」です。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

体の描き方に関連する講座

 

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

横から見たときの顔

 

上手いか下手かは置いておいて、ある程度絵を描くことになれると段々表情をつけたり角度をつけたくなって見よう見まねで描いたりするんですが、お絵かき初心者にとって横顔って超難易度が高く感じる。

顔から首(もしくは肩)までしか描かないイラストはお絵かき初心者さんにありがちだっていうのを前回の『正面顔の描き方』でも少しお話ししたのですが、今回もさせてください!

「顔より下を描かないといつまでたっても上達しない」のは本当なんだけど、「やっぱ体よくわかんねえ!描けねえ!顔さえ曖昧なところあるのに無理だわ!」ってなるのも分かる。で、上手に思うように描けなくて「お絵かき楽しくない」ってなるタイプのひともいる。私はそういうタイプ(苦笑)

ので!お絵かき上達方法として、
「まずは描いてて楽しい顔をある程度マスターしてからその次に行こう!」
っていうのを提案したいわけです。

極端に言うと「全部のパーツ(顔、手、脚、胸など)をバランス良く同時に覚えていく」よりも「顔を覚えたら首。そのあとは肩」みたいな方法です。完璧じゃなくていいので曖昧な箇所をなくすのを目標にステップを踏もうってことです。

でね、顔が描けるようになると、もっとキャラクターを生き生きさせたくなって、表情や動きをつけたくなって、積極的に体を描く練習をしたくなるはず。

前置きはこの辺で、今回は基本の横顔なので、

  • 全く顔が描けないひと
  • 全く顔が描けないわけじゃないけど曖昧なひと
  • 苦手な部分をごまかして描いているひと
  • 横顔が描けないひと

以上に該当するかた向けの講座になっています。

前回の『【体の描き方】正面顔を描くときのバランスの取り方』と描き方(比率)がリンクしているので、そちらも一緒に見ていただけるとより理解できると思います。

早速始めていきます。

 

横顔の描き方

 

あらかじめ言っておくと、顔を描く前のアタリ(下描き)の作業工程が長いです。慣れるとささーっと描けてしまうので、苦労するのはほんの初めだけだと思って、とりあえず紙と鉛筆を用意して実際に描いてね!!読むのと描くのでは違うからね!!

 

また、この講座では、よくある円で顔全体を捉える方法ではなく、円で頭を捉える方法を紹介しています。

左の方法で上手くバランスが取れないひとにこそ、ぜひ試してほしい右の方法。
描く線は少し増えてるけど、そのぶん空白が少なくバランスも取りやすいオススメの方法です。※今回紹介する方法になります。

 

そして、今回描くのは“整っている男性の顔”です。悪く言えば個性がないとも言うが、最低でも平均的なイケメン顔が描けるようにしています。大人の顔と子供の顔、童顔の男性、綺麗系の女性、キャラクターごとに輪郭、目、鼻、口などの大きさは変わってくるので、応用してください。

 

スポンサーリンク


 

まずはPを描きます。フリーハンドでOK。

縦の線が「顔の縦の大きさ」を決め、鼻の付け根、唇、おでこのラインになります。
丸くなってる部分は「頭蓋骨」にあたり、一番出っ張ってるところが「顔の横の大きさ」になります。厳密に測らなくても目測でOKです。(画像も目測ですので…汗)

Pを描けたら縦の線を4等分します。

さきほど4等分した縦線の上から3段目のところに耳を描きます。

次におでこ、鼻、口、顎を描きます。
ここはキャラクターによって変わってくるので「こうしなさい」とは言えないのですが、以下の点をおさえれば不細工にはならないかと思います。

基本的に美形とされる横顔は“Eライン”があるかどうか。鼻の先と顎の先に指をあてたときに唇が指に当たらないのが綺麗な横顔とされています。おでこが丸くなっていると女性的になります。あとはお好みで鼻を高くしたり、形を変えたり。顎のラインは正面の顔に影響したりするよ。

一番左の横顔は、ほかと比べて骨格がしっかりしていて彫が深く見えます。シルエットだけでも外国人っぽく見えたり。

おでこ、鼻、口、顎が描けたら、横顔の決め手となる頭蓋骨を描きます。
ここで頭でっかちになったりやたら薄い横顔になったりして崩れるのですが、はじめに描いたPのラインに沿って描けば、何とか崩れずに描けると思います。

やたら丁寧に数字とか書いてますけど、あくまでアタリ(下描き)なので神経質にならなくて大丈夫ですからね!

描けたら目と眉毛の位置を決めます。
これもキャラクターによって変わってくるので、以下の画像は「この辺なら不細工にはならない位置」だと思ってください。

目の位置は奥にいくほど彫が深く外国人風になります。目の位置が手前にいくほど彫が浅くのっぺり顔になります。日本人に多い横顔ですね。美人を描くならある程度奥にあったほうがいいです。

次に首を描きます。
これもまたキャラクターや絵柄によって前後するのであまり参考にならないかと思いますが「横顔が崩れない位置」だと思ってください。

首が太いとムキムキ逞しく見えるし、細くすると美人系になるのでお好みで!

左から「普通」「細い」「太い」にしてみたけど、いまいち違いが分からないね。あくまでアタリ(下描き)だから本当に大体でいいからね!!ペン入れのときに加減してもらえればいいです。

最後に生え際を描きます。
髪を描く際にとても便利な線なので今まで描いてこなかったひともぜひ!

ここまで描けたらアタリの完成!!!

アタリを目安に描きます。

これだと見本のような横顔で、実際にアタリを使って描くような絵柄とはかけ離れているので、もう少し実践的な絵柄で描いてみました。

生え際のアタリが描いてあると顔にかかる髪も描きやすいです。

あとはお好きな色で塗って、やっと完成!!!

正面顔と同じようになれるとささーっと描けるので、文章にするとながったらしい手順もあっという間なので、なれるまで描き続けてほしいなと思います。(それが一番大変なんですけどね…!汗)

 

スポンサーリンク


 

一応当ブログではイケメンを描くのをメインにしているので、イケメンの横顔を描くポイント的なものを最後に少しだけおさらい。

基本的に男性キャラクターは直線でカクカクさせて描きます。些細なことだけど眉の盛り上がり部分を描くとだいぶ男キャラっぽく見えると思います。あとはEラインを意識して、しゃくれすぎない程度に顎を出す。

あと1点、手順説明中はさら~っとすっ飛ばしていたけど、後頭部と首に繋がる部分に少し段差をつけるとなおよし。ただし、坊主だとかじゃない限り通常髪の毛で隠れている部分なので実際には描かない。坊主に限るポイントだと思ってスルーしていただいて構いません。

あと目の位置や鼻の形で国ごとにキャラクターを描くことができるので、そういう技もあるんだなぁと知識を入れておくだけでもいいかもしれない。

目の位置以外は全く同じなんだけど、不思議と骨格までもがガッシリして見えるから、目の位置ってかなり重要なのかもしれない。

今回紹介したやり方はほぼ数字化しているので迷う箇所は少ないんじゃないかなぁと思っていますがいかがでしょうか。数字化しないと覚えられない数学脳しているので、同じようなタイプのかたに伝わっていればと思います。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA