LINEスタンプのデザイン案という名の下書きを晒す

 

自分でつくったLINEスタンプのもとの絵を恥ずかしながら晒します。
デザイン案というよりも汚い下書きって感じなので、
興味あるかただけ見ていけばいいと思うよ!

 

スポンサーリンク


 

こんな感じでデザインを考えたよ!

 

デザイン案を作ろう!という話をしたのですが、
ここで実際に販売しているLINEスタンプのデザイン案を晒します。

紙とペンでしっかりめに下書きを描いて、
スキャナーで読み込み、ペンタブで本番を描きます。
アナログ⇒デジタルってことです。

紙は超普通のノート。

1440943381146

横に線がはいってるけどキャンパスノートが余ってたので使いました。

1440943365363

左のページにスタンプの使用用途を書き出しています。
あとテーマやターゲットもちょろっと書いてあるよ。
思いつくままに書きだしたので数えたら56個あったよ!

右のページは左のページで書きだした56個の用途から、
本番に使う40個を選んだら早速下書き。

 

スポンサーリンク


 

下書きを描いていきます。

1440943415743

こんな感じの下書きを52個も描いてました。ボツだらけです。

1440943429703

ノート上半分で3つもボツがあります…(↑)

ボツを除いた下書きをスキャナーで読み込んで、
それをもとにペンタブでひたすら描いて完成させます。

1440943391314

コレ(↑)がこんな感じ(↓)になってます。

アイコン

そんなこんなで完成したのがコチラ

 

まとめ

 

紙に下書き⇒スキャンしてパソコンに移動⇒ペンタブで本番
っていう流れでスタンプ40個つくりました!

アナログからデジタルに移動するというやや面倒な作り方ですが、
下書きをしっかり描いておけばあとが楽なので個人的にしっくりきてます。

本当にどうすればいいかわかんない人は参考にしてください。
スキャナーがなかったら写真撮ってパソコンに送ればいいよ!

 

hukidasi3

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA