【体の描き方】アイレベルを使ってあおり・ふかんを描く

 

背景の描き方でほぼ100%出てくるアイレベルですが、背景は描きません。人物が描けないひと向けの「アイレベルを意識して人物を描こう!ついでに煽り・俯瞰の描き方も覚えちゃおう!」っていうレベル低めの講座です。プロじゃないです。

アイレベルを知っている前提ですので、知らないひとはこちらから⇒【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)

 

スポンサーリンク


 

はじめに

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してくださいー!汗

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

アイレベルを使って人物を描く

 

“あおり”と”ふかん”って何?ってところから始めます。

“アイレベル”って何?ってかたはこちらの講座から見てね!
【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)

で、”あおり”と”ふかん”は下の画像のようなものです。

上の画像みたいな角度で描かれているイラストを一度は見たことがあると思います。というのも、ほぼすべての絵にアイレベルがあり(キャンバス内とは限らない)、”あおり”または”ふかん”(両方もある)して描かれています。

そもそも実際に自分の目に映るほぼ全ての物は、あおって見たり、俯瞰して見てたりするわけで、絵を描くにしても切っても切れないものなのです。

ほんの少しの角度でも、必ずといっていいほど“あおり”“ふかん”が付きまとってくるので、これを機にさくっと覚えて帰ってください。

 

アイレベルを使って人物を描く

 

紙と鉛筆を用意して実際に描いてみてね!!

まずは適当にアイレベルを描きます。かっこよくいうと「EL」。
※アイレベルとは⇒【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)

最終的にはアイレベルさえも描かずに描けるようになるといいんですけど、今これを読んでるかたたちは「この状態であおり・ふかんを描け!」って言われても描けないと思うのでさらに補助線を引いていきます。

ここでナチュラルに二点透視法を使います。
アイレベルの線上に消失点という点を2つ置きます。かっこよくいうと「VP」。

二点透視法についての詳しい説明は申し訳ないけどここでは省きます。知らなくても今回は描けます。あわよくば軽く理解もできるかもしれない。
とりあえず現段階で二点透視法について知っていてほしいのは、アイレベルは必ず水平に描いて、消失点はこの線上のどこか2点に置きます。

この空間で“あおり”と“ふかん”を認識しやすくするために、上と下に箱を描いてみます。縦の線を引くときはアイレベルに対して必ず垂直に描きます。

そうするとアイレベルを境に下の画像のように空間を認識できると思います。

アイレベルより上にくる人や物は“あおり”で描き、下にくる人や物は“ふかん”で描く。

試しに箱を煽ったり俯瞰したりしてみます。
2つの消失点から適当に線を伸ばして交差させながら箱を描きます。

これでだいぶ“あおり”と“ふかん”を捉えることができたと思います。

 

スポンサーリンク


 

箱ではなく人物に置き換えます。
ひとまずアイレベルを人物のちょうど真ん中に設定してみます。

上4頭身分は煽り、下4頭身分はふかんになるように描きます。
感覚をつかむまでは下の画像みたいにブロックを積み立てるように考えるといいかもしれない。

 

で、補助線を使って描いたのがこれです。

プロから見たらダメダメだろうけど、ほどほどに自然な立ちポーズが描けたんじゃないかなぁと思います。

この描き方で「煽って見た立ち姿」と「俯瞰して見た立ち姿」も描いてみました。以下の画像は極端にキャラクターを煽ったとき・俯瞰したときの例です。

あおり

ふかん

  • キャラクターを煽りたいときはアイレベルを下げる
  • キャラクターを俯瞰したいときはアイレベルを上げる

一度だけでいいからこのやり方をやってみると、“あおり”と“ふかん”の描き方がなんとなく感覚でつかめると思います。一度だけ描いて!

 

スポンサーリンク


 

毎回絵を描くたびに一からアイレベル描いて~ってやるのってすごく面倒に感じるんですけど、だんだん補助線をかかなくても感覚で描けるようになる。らしい。(私も面倒で毎回は描いてないけど、ちゃんと描けてるかは正直わからない。)

“絵を描くプロが一から絵を描く動画”とか見ると、ここで紹介したやり方みたいに一々補助線を引かないで描いてますしね!!

自分自身も学びながらなんちゃって雰囲気講座しているので、もっと簡単でわかりやすい方法があると思うけども、お絵かき上達の一歩になっていればと思います。

まぁこんなやり方もあるんだな~っていう方法のひとつとしてお願いします。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

コメントを残す




CAPTCHA