【メディバン】イラストの基本的なレイヤーの使い方①

 

フリーのお絵かきペイントソフト『MediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)』を使って、基本的なレイヤーの使い方講座をします。

レイヤーって何?ってかたはこちらから⇒イラストツールにあるレイヤーとは?

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

線画を描くという過程をぶっ飛ばしてるので、好きな線画を用意してください。
説明する際は下の画像を使うので、すぐに用意できないかた・線が汚くてもいいっていうかたは使ってください。

塗り方の技術云々ではなく、
とにかく!
レイヤーの!
使い方を!
覚える!
だけです!!

これから教えるレイヤーの使い方は、私が普段使っている方法であって、絵を描いているすべてのひとが同じ使い方をしているわけではありません。人にもよるけど絵の種類(アニメ塗りや厚塗り)などにもよって変わってくるので、レイヤーを使ってこうやって絵を描いていくんだなぁっていうのだけ理解していただければ十分です。

 

線画を使用するかた

 

今回私が用意した線画(上の画像)を使うときは、好きな色で塗っていただいて構いません。が、もしかしたら色指定してほしい方もいるかもしれないので、一応色も表記しています。

 

 

画像を保存してメディバンで画像を開き、(初期設定のかたは右クリックして)スポイトで色を拾う。もしくは上の画像の方法で色を選択してください。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

基本的なレイヤーの使い方~実践~

 

メディバンを開いて線画を用意します。

 

 

わかりやすいようにレイヤーの名前を『レイヤー1』から『線画』に変更します。

 

 

新しいレイヤーを作成するたびに名前を変更するのは面倒だけど、何十枚とレイヤーを使うようになると”どのレイヤーに何を塗っているのかわからなくなる”ので、クセにしておくといいかも。

で、本格的に塗る前に、
ここで試して欲しいことがあります。

新規レイヤーをだして、線画より下に移動させます。そうしたら、試しに適当でいいので肌色を塗ってみます。

 

 

適当に塗ってみて、なんかうしろのグレーと白のチェックが邪魔だなって思ったかた。塗りにくいので背景を変えます。※「このままでも塗れます!」ってかたはスルーしてください。

【表示】をクリックして【透明背景】のチェックを外します。

 

 

すると、下の画像のようにスッキリします。

 

 

このままでも塗れるひとはいいのですが、白に近い色を塗ったときに『塗った箇所と塗ってない箇所が分かりづらい』状態になるかと思います。

そこで、あえて背景を塗ります。
見やすい色なら何色でもOKです。

 

 

こうすることによって、塗った箇所と塗り残してる箇所をわかりやすくします。

 

 

絶対しないといけないことではないけど、淡い色で塗りたいときとかは必ずやってます。塗る色によっては赤だとかグレーの背景にしたりしてます。自分が一番塗りやすい状態にして塗り始めていきます。

適当に塗った肌色は、肌のレイヤーを選択後、キーボードの【Delete】を押してサクッと消します。

 

スポンサーリンク


 

ベースの色を塗る

 

まずは肌を塗っていきます。

塗る範囲が広いところは【バケツ】を使ってクリックして塗ると早いです。
参考⇒アンチエイリアシングとは?バケツ機能の使い方

【バケツ】を選択後、参照が【キャンバス】になっていることを確認します。そして塗りたいところをクリック。

 

 

そうすると一気にドバっと塗ってくれます。
が、ところどころ塗れていなかったり、髪まで塗られてしまったりします。

【バケツ】の使用条件は線と線がしっかり繋がっていることです。

線がしっかり繋がっていないと下の画像のようになります。

 

 

隙間や角は手で塗るしかないところなので仕方ないとして、首に関しては線がないのでバケツで塗ろうとすると背景も一緒に塗られてしまい一面肌色になるかと思います。ここで言いたいのは、【バケツ】を使いたいなら線画は綺麗に、必ず線同士つなげましょう。毎回私は苦労しています。

さて、「バケツを使わない」という手もありますが、ここでちょっとした解決策を。

繋がっていない箇所を探して塗りたい色で線を引いてから【バケツ】を使う。

 

 

どうしても繋がってる箇所が見つからないときは、塗りたい範囲を一周囲んで【バケツ】を選択して参照を【レイヤー】にして塗りつぶします。

 

 

そして前髪なのですが、隙間や角になる部分が多く塗れていないことが多いと思います。【バケツ】を使ってからちまちますみっこを塗ると時間もかかるし面倒なので、下の画像のように線を無視してガッツリ塗ります。

 

 

背景と接触する線だけはみ出ないように綺麗に塗って、髪との境界線はペンで思いっきりはみ出していいのでガッツリ塗ります。

肌のベースの色はこれで完成です。はみでていても大丈夫。

次に髪を塗ります。ここでレイヤーの機能(特徴)を発動します。

肌を塗ったレイヤーと髪を塗るレイヤーを分けたいので、髪用の新規レイヤーを出して【肌レイヤー】の上に移動させます。そのあと【肌レイヤー】を非表示にします。レイヤーの横にある丸をクリックすると表示・非表示を選択できます。

 

 

肌と同様に【バケツ】や【ペン】を駆使して丁寧に髪を塗っていきます。

 

※緑の背景より白の背景のほうが塗りやすかったため、背景も非表示にしています。こんな感じで必要があればレイヤーを表示したり非表示しながら作業を進めていきます。

 

綺麗に塗ったのがこちら。

 

 

ちなみに私は髪と一緒に眉毛も同じレイヤーで塗っちゃいます。もちろん分けてもOK。別で【眉レイヤー】を作るときは【肌レイヤー】よりも上に置いてください。

ここで【肌レイヤー】を表示にしてみると…

 

 

あれだけはみだして塗った肌でしたが、【肌レイヤー】よりも上にある【髪レイヤー】によって綺麗に隠れました。
参考⇒イラストツールにあるレイヤーとは?

ちなみに【肌レイヤー】よりも下に【髪レイヤー】を置くとこんな感じ(下の画像)になっちゃいますので注意。

 

 

今後も継続して常に「レイヤーを重ねる順番」を考えて作業を進めます。
☆参考⇒イラストツールにあるレイヤーとは?

 

スポンサーリンク


 

現時点ですべてのレイヤーはこんな感じ(下の画像)になっているかと思います。

 

 

必ず【肌レイヤー】よりも上に【髪レイヤー】をおいてください。
大事なことなので何回もいいます!

 

続きます⇒イラストの基本的なレイヤーの使い方②

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

コメントを残す




CAPTCHA