【メディバン】イラストの基本的なレイヤーの使い方②

 

フリーのお絵かきペイントソフト『MediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)』を使って、基本的なレイヤーの使い方講座をします。

前回の続きです⇒【メディバンペイント】基本的なレイヤーの使い方①

レイヤーって何?ってかたはこちらから⇒イラストツールにあるレイヤーとは?

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

前回の続きです。
【メディバンペイント】基本的なレイヤーの使い方①

 

※髪と肌のベースを塗りおわったところからスタートします。

 

塗り方の技術云々ではなく、
とにかくレイヤーの使い方を覚えるだけです。

これから教えるレイヤーの使い方は、私が普段使っている方法であって、絵を描いているすべてのひとが同じ使い方をしているわけではありません。人にもよるけど絵の種類(アニメ塗りや厚塗り)などにもよって変わってくるので、レイヤーを使ってこうやって絵を描いていくんだなぁっていうのだけ理解していただければ十分です。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

フォルダ機能を使ってレイヤーを整理する

 

次に目を塗っていきます。
新しいレイヤーを出し、【髪レイヤー】と【肌レイヤー】の間に移動させ、白目を塗っていきます。瞳も塗りつぶしちゃってOK。

 

 

また新しくレイヤーを出し、【髪レイヤー】と先ほど塗った【白目レイヤー】の間に移動させ、瞳を塗っていきます。

 

 

……と、ここで、
そろそろレイヤーも増えてきたので、レイヤーの整理整頓をします。

レイヤーの【フォルダー】を出します。

 

 

出したフォルダはレイヤーと同じようにドラッグして移動することができます。

【フォルダー】が【髪レイヤー】と【肌レイヤー】の間にあることを確認したら、【瞳レイヤー】と【白目レイヤー】をドラッグして【フォルダ】にいれます。

 

 

上の画像のようにフォルダの下に段ができます。
フォルダにいれる前の状態と同じように【瞳レイヤー】の下に【白目レイヤー】がくるようにします。※フォルダにいれた【瞳レイヤー】が【白目レイヤー】の下にあったら、【瞳レイヤー】をドラッグして入れ替える。

もし「ドラッグしていれた【白目レイヤー】と【瞳レイヤー】が表示されていない!」ってなっていたら恐らく収納されて見えなくなってますので展開します。

 

 

使わないときは収納しておくとスッキリして使いやすくなるかと思います。

さて作った【フォルダ】は分かりやすいように名前変更しておきます。
レイヤーと同じ要領でダブルクリックして自分が分かる名前に変えます。

 

 

ぶっちゃけこれくらいのレイヤーならフォルダを作って整理整頓しなくても何とかなりますが、何十枚とレイヤーを使うようになると必要になってきたりするので、覚えておいて損ではないと思います。
※例えば服を塗ったときに「シャツ」「アウター」「ズボン」「袖のレース」「その他装飾品」だとかで細かくレイヤーを分けたいとき、服以外のレイヤーとごちゃごちゃしないように【服のフォルダ】を作ってその中でレイヤーを管理したほうが便利だと思います。

ちなみにフォルダのなかにフォルダをつくったりすることもできます。

 

スポンサーリンク


 

クリッピング機能を使う

 

塗り進めていくと全体のイラストの雰囲気もでてきて「やっぱこの色変えたいな…」というのがでてくることもあるかと思います。

今回も塗り進めて「ちょっと肌の色が暗いな」と思うので、肌を塗り直します。

また一から塗り直すのも大変なので、簡単に色を塗り直す方法を紹介します。

塗り直す方法はたくさんあるのですが、今回の講座は「基本的なレイヤーの使い方」ということで、【クリッピング】というレイヤーの機能を使って塗り直します。

 

※「髪レイヤー」と「目フォルダ」と「背景」は非表示にしています。

新しいレイヤーを作成して、そのレイヤーをバケツで塗りつぶします。
上の画像のように一面肌色で塗りつぶされると思います。

そうしたら【クリッピング】にチェックを入れます。

 

 

すると【肌レイヤー】で塗った範囲だけ色が乗りました。

これだけでほどほどに理解していただけてると思いますが、【クリッピング】とは下にあるレイヤーの描いてある範囲だけを切り取って表示してくれるものです。文章にするとややこしくなるね…。

つまりこういうことだ!!

 

 

これから【クリッピング】を使って髪や肌の影を描いていくので軽く覚えておいてくださいませー。

話はもどって、塗り直す前の肌色はもう使いませんので、先ほどの塗りつぶしたレイヤーを【肌レイヤー】にまとめます。

 

 

これで肌色が変わりました。

 

さて、塗り直した肌は黄味寄りの肌から赤みのある肌に変更しました。
肌の色を変えたら髪の色も気になったので髪の色も変えました。

 

 

☆クリッピング以外で塗り直す⇒イラストの色を塗り直す方法

 

スポンサーリンク


 

さて、今までやってきた方法でベースとなる色を塗り進めていきます。自分で線画を用意した方は、まだ塗っていない箇所を塗ってみてください。私と同じ線画を使っているかたはピアスだけです。

 

 

“私が”普段しているレイヤーの使い方だと、“この時点では”基本的に【線画レイヤー】が一番上にきて、塗り残し防止のための【背景レイヤー】が一番下、その上に【肌レイヤー】がきて、その他のレイヤーは【肌レイヤー】と【線画レイヤー】の間にくることが多いです。

多分レイヤーを使ってるうちに自分なりのマイルールができてくる。

 

次は影の付け方⇒※準備中

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

コメントを残す




CAPTCHA