【メディバン】イラストの色を塗り直す方法

 

塗ったあとに「やっぱりもう少し明るくしたい」「違う色にしたい」と思ったとき、簡単に塗りなおせる方法。

フリーのお絵かきペイントソフト『MediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)』を使って、普段私がしている方法を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

はじめは真っ白だったキャンバスが髪の色や瞳の色が追加されて色同士が隣り合わせになってきました。ここまで塗りすすめていると、ふと「あれ?この色だけ浮いてる…思ってた色と違う…」ってなるときがあります。例えば「なんか肌の色が暗くね…?もう少し明るくしたい」と思ったり。

すでに塗った箇所を簡単に塗りなおせるのもデジタルの特徴!
簡単に塗り直す方法はたくさんあるのですが、普段私がしている塗り直し作業を何個か紹介します。

あくまで私の方法なので、正しい方法とかではないと承知の上でお願いします!

もっと楽な方法とかがあるかもしれません。もしあったら教えてください!

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

色を塗り直す方法

 

今回は肌を塗り直します。

 

※左から右の色に塗り直す

 

色相で塗り直す

 

まずはひとつめ。
簡単にできて手軽に色んな色が試せる。塗り直したいんだけど塗り直す色が決まっていないときに活躍する。

 

 

【フィルタ】⇒【色相】をクリックすると、上の画像のように【色相・彩度・明度】がでてくるので色々いじってみる。いじってる間もキャンバスに塗った色が変化してくれるので、結果的にどんな色になるかがすぐにわかるので、とにかくいじってみる。

【色相・彩度・明度】のざっくりとした説明。

  • 色相・・・もともとの色自体を変える。青を赤にしたいとか。
  • 彩度・・・鮮やか。左にするほど色が抜ける(グレーになる)。右にするほど色が濃くなる。
  • 明度・・・明るさ。左にするほど暗くなる。右にするほど明るくなる。

 

バケツで塗り直す

 

ふたつめ。
クリックだけで簡単に塗りなおせる。
塗りたい色がすでに決まっているときに向いている。

 

 

必ず参照は【レイヤー】にします。

二番目に紹介したけど、個人的に一番使わない方法です(笑)
バケツだと一気に塗りつぶせて楽だけど、塗り直す前の色と塗り直した後の色の比較ができないため、あまり使っていません。

 

スポンサーリンク


 

ペンで塗り直す

 

三つ目。
全体の色を塗っている途中で「やっぱ色変えよう」ってなったとき、先ほどまでしていた色塗りの作業と同じ要領で塗り替えることができる。

 

 

ふたつめに紹介した方法みたいに「まずはバケツを選んで…」っていう操作をせずに、色塗りと同じ方法でできる。些細なことだけど、同じ要領でできるのってめちゃくちゃ楽。大体が色塗りをしている最中に「やっぱこの色を変えよう」ってなると思うんですけど、途中で違う動作がはいると煩わしくなる。だけど、これはならない。

しかし、バケツと違って手を動かして塗り直すので、一度に塗り直す面積が広いと普通に面倒臭い。

ペン先のサイズを変えるのも地味に面倒かもしれない。慣れるとあまり気にならないけど。

 

クリッピングで塗り直す

 

四つ目。
塗り残しなく塗り替えることができる。

 

 

 

 

ほかの方法より若干手順が多いのが面倒だけど、慣れるとささっとできると思います。塗り残しがないのが最大の利点だと思います。

 

スポンサーリンク


 

他にも恐らく方法があると思いますが、4つの方法で塗り直してます。

 

 

私は、ですが、ベースの色(大体こんな色にしようっていう段階)を塗ってるときは、塗り残しがわかりやすいようにわざと濃い色で塗ったりするので、しょっちゅう塗り替えています。例えばですが「肌の部分を一度赤で塗りつぶして後から肌色にする」とか。

あと、あまり色を明確にしていない(パレット機能とかほとんど使わない)ので、実際に塗ってみて、あとから色を変えるタイプなので、【色相】はかなり乱用しています(笑)

いろいろレイヤーの機能がわかってくると自分なりの方法が見つかるかと思いますので、参考程度になれば幸いです。

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

コメントを残す




CAPTCHA