【体の描き方】雰囲気で描く筋肉~肩と胸~

 

「肩周りってわけわかんねえ」

が、少しだけ分かった気になれる『雰囲気で描く筋肉~肩と胸~』です。
前回⇒【体の描き方】雰囲気で描く筋肉~首と鎖骨~

「筋肉の名称」だとかはふんわり触れる程度のほぼ無視するスタイルなので、講座っていうには物足りないと思われる個人的なメモ。(筋肉描くの好きになると自然と覚えるから後回しでいいのです……。)

この記事よりも前に書いた『雰囲気で描く上半身の筋肉』で「筋肉描くのちょっと楽しいかも……」と思ってくれたかたや、堅苦しいイメージの教材を買うにはまだ筋肉描くのに対して意欲がわかないかたには丁度いいかもしれない。

 

スポンサーリンク


 

はじめに

 

 

私は絵なんてもんは「それ」に見えるかどうか、より魅力的に見えれば多少違っていても大げさに表現してもいい、と考えています。ので、それっぽく見える雰囲気講座になっています。そのかわり覚えることは少な目です。多少間違えていても見逃してください!汗

 

雰囲気で描く筋肉~肩と胸~

 

「名称から動きまで正しくしっかり詳しく覚えたい!」と思ってる方には物足りない出来です。

「筋肉の名前を覚えて、動きを覚えて……」とがっつり詳しく全ての筋肉やると私みたいな面倒臭がりなタイプは大体挫けるし楽しくないので「必要最低限!この筋肉を覚えて描けたらちょっとだけ上達できるよね!」というスタイルでお話ししてます。描き方講座といっても本当にただの個人的な勉強ノートという名のメモなので過度な期待はしないでね。

 

顔が描ける前提で話が進みます。
「顔描けないよ」という方はこちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

【体の描き方】正面顔を描くときのバランスの取り方

 

 

基本的な全身の比率です。

↓ ↓ ↓

全身の詳しい比率はこちらから
【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~基本編~
【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~筋肉編~

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

 

肩と胸

肩と胸の筋肉を知るにあたって、5つの部位に触れます。

 

上から順に、

  • 僧帽筋(そうぼうきん)
  • 大胸筋(だいきょうきん)
  • 三角筋(さんかくきん)
  • 鎖骨(さこつ)
  • 肩甲骨(けんこうこつ)

※名前の紹介したけど拒絶反応出る人は覚えなくて良いやつ。

これくらいの筋肉をざっくり知っていれば、顔だけしか描けなかったひとでも胸までは雰囲気で描けるようになるはず…!!

 

僧帽筋と肩甲骨

メインの肩と胸の筋肉の前に、僧帽筋(そうぼうきん)と肩甲骨
肩と胸の筋肉を知るための下準備だと思って少しお付き合いくださいませ!

正面から見た僧帽筋(そうぼうきん)は見える範囲が狭いけど、背中側から見ると結構大きな部分。

横からみるとこんな感じになる。

つづけて肩甲骨。

肩周りを描くにあたって鎖骨と肩甲骨のつながりを知ると描きやすいと個人的に思うので、鎖骨と肩甲骨も少しだけ。肩甲骨もだいぶ簡略化してます。

(↑背中側からみて右の肩甲骨)

(↑真上からみた鎖骨と肩甲骨)

この真上から見た図っていうのがいろんな教本に高確率で載ってて、肩周りを説明するには恐らく一番分かりやすい図なんだと思う。個人的にも分かりやすいし為になったと思った図。これだけで理解が深まるはず。

細かくいうと肩甲棘(けんこうきょく)やら肩峰(けんぽう)やらがありますが、ここではひとまとめに肩甲骨として扱います。興味があるひとはネットで調べたり教本を買ってね!!

 

スポンサーリンク


 

三角筋と大胸筋

本命の肩と胸の筋肉「三角筋(さんかくきん)」「大胸筋(だいきょうきん)」です。

まっすぐ自然に立った状態で背中側からみると三角筋は半分のみ見える。

正面から見ても同じ。

三角筋は三つの塊が集まっていて、大胸筋は三角筋(1の部分)に巻き込むようになっている」と覚えると描きやすいかもしれない。

問題は腕を動かしたとき三角筋と大胸筋の動き。
これが「肩周りわけわかんねえ…」って気持ちにさせて筋肉を学ぶという意欲を折ってくる第一の難関箇所だと思うので、私なりにポイントをおさえてみました。

腕を横に、上に、あげたときの三角筋と大胸筋の動き。

大胸筋は三角筋に巻き込む形なので肩の動きについていく。

当たり前だけど筋肉は伸びるってことですね!!!

そして腕をあげていくと三角筋は大きく後ろに向って動く。

(↑赤の部分は僧帽筋(そうぼうきん)です。)

真上にあげると三角筋は背中側に動くので正面からはほぼ見えない。

ここまでくると今度は肩から腕のつながり、そして「脇どうなってんだよ…」って気持ちになるので、次回そのあたりを出来たらまとめたい。

 

スポンサーリンク


 

私にはこれが限界でした……教えてくれ神絵師……(切実)

筋肉って難しくてしんどくて忍耐力がない私には挫折しそうになるけど、少しでも筋肉学ぶの楽しいって思えてるのが救い。現段階では、だけど。

 

次回⇒準備中

 

↓↓↓他の講座を見る↓↓↓

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.