ノンホールピアスの次は耳に貼るだけシールピアス!

 

穴を開けなくてもピアスができると人気の〝ノンホールピアス〟の次は〝シールピアス〟がどうやらきてるらしい。

 

スポンサーリンク


 

貼るピアスってなに?

 

si-rupiasu

 

ノンホールピアスはその名の通り穴をあけなくてもいいピアスですよね。「ひ」みたいな形をしていてあいてる部分で耳たぶを挟むようにして使います。しかしシールピアスはピアスの飾りとなる部分だけで、シールを耳たぶにつけて使用します。上の画像をみてもらえるとわかりやすいです。

「貼るだけなんて便利ね」とは思うものの、
それってノンホールピアスより取れやすくない?

……と思った矢先にこんな動画を発見。

 

参考⇒貼るピアス・シールピアス専用

 

わあ!全然取れる気がしない!(*’o’*)

両面テープのようなものでくっつけてるけど、シールピアス専用のためか軽く引っ張っただけじゃ取れないってすごい粘着力ですよね。ノンホールピアスよりも安心して使用できそう。

 

シールピアスはこんな人におすすめ

 

今回シールピアスを調べた際、たまたま見つけたシールピアスのショップで紹介されていたので参考にさせていただきました。なので、これから紹介する内容でシールピアスいいなって思ったら、参考にさせていただいたショップからどうぞ!
参考⇒貼るピアス・シールピアス専用

 

  • ノンホールピアスだと落ちないか心配
  • 耳がすぐに痛くなる
  • 穴を開けたくない
  • 穴の消毒、ふさがらないようにするのが大変
  • 金属アレルギーがある

 

スポンサーリンク


 

シールピアスのメリット

 

快適なつけ心地

 

耳たぶの表に貼るだけなので、イヤリングやノンホールピアスのような金具で挟むという締め付け感が全くないです。

 

肌に優しい医療用テープ

 

シールピアスで使用するいわゆる両面テープは、医療用テープで肌に優しい安全設計です。今回おすすめしているショップで売られている専用テープは、直接テープに触れなくても貼れるので、粘着力を維持して使用することができます。

 

金属アレルギーのひとでも使用しやすい

 

ノンホールピアスは耳たぶを挟んで使用しますが、シールピアスは5mm前後のテープで貼るので金属部部が肌に触れにくく、金属アレルギーのかたも使用しやすいです。

 

シールピアスのデメリット

 

テープが使い捨て

 

ピアス本体はいつまでも使えるのですが、使用する際に必要な専用のテープが使い捨てなので、常に出費があります。20枚入り10回分で300円程なのですが、これを高いとみるか安いとみるか…ですね。

 

使用中は極力触らないように注意が必要

 

ノンホールピアスも該当しますが、手が当たったり服を着脱する際、本体に強い衝撃があると取れやすいそう。ヘッドホン、イヤホン、帽子、イヤーカバーなど、また髪をかき上げるとき、汗をかいたときに注意します。

 

まとめ

 

一日中つけていても落ちなかったという評価も多いので、ノンホールピアスがうまくつけれないかたは一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA