バイトを辞める時の理由とタイミング

 

アルバイトを辞めたいときに使える理由と辞めたいと伝えるタイミング。穏便にスムーズに辞めるために下準備について。

 

スポンサーリンク


 

アルバイトを辞めたい!

 

お金を稼ぐためにバイトを始めたのはいいけど、自分に合わない・何か思ってたのと違う・距離が遠かったなど・人間関係に難ありなど、様々な理由で辞めたくなることもあります。いざ辞めると決めたものの、辞める理由はどうすればいいのか悩む。

「バイトが嫌になった」と正直に話して上司から社会について説教される…なんてことになるのはイヤだし、引き止められたときに強くきっぱり断る自信がなかったり、実際に辞めたい理由は「仕事内容がやだ」「給料が低い」「面倒になった」「人間関係が煩わしい」「次のバイトが見つかった」など色々と重なっていることが多く、「辞める」と伝えたときに「なんで?」って返されると困る。だって理由が複雑なんだもの。

バックレる度胸もないし気が弱いと余計に悩みますね。バイトを辞めるまでの流れをひとつずつ見ていきます。

 

バイトを辞めると切り出すタイミング

 

アルバイトを辞めると決めたらまずはそれを伝えるだけです。

〝アルバイト辞めます宣言〟をするとき、よくある切り出し方といいますか一般的で無難な切り出し方は、「今月いっぱいで辞めます」と言って切り出すこと。

「辞めたいです」ではなく「辞めます」と強い意志を持って伝えれると良いのですが、バイトを辞める理由に悩んでるほとんどのひとは、実際に切り出そうとすると「店長、今月いっぱいで辞めたいんですけど…」ってなるのでどっちでもいいです(笑)

タイミングは辞める一か月前だと上司的には(次の人材確保などできるので)有難いですが、法的には雇用期間の定めがない場合、退職日の最低2週間前までに伝えるというルールがあります。辞めます宣言をした残りの勤務日数を考えると、2週間前のほうが気が楽ですね…(笑)当日に辞めます宣言をしても辞めれたという人もいますが、穏便にスムーズに辞めるなら最低2週間前にしましょ!

ただし、強制的なルールではないそうなので、もう二度とバイトのひとたちと関わらない・円満に辞めれなくてもいいってかたは当日や辞める直前に宣言してもOK。

契約期間があってそれよりも前に辞めたい場合、会社側と自分、両社が同意すれば、労働契約書の契約期間を短縮することができます。ほとんどの場合、辞めます宣言をすれば契約期間中であっても辞めさせてくれます。が、稀に辞めさせてくれない会社もあります。契約期間中はやむを得ない理由がある場合を除いて、契約期間終了日までアルバイトを続ける義務があります。

逆に言えば、やむを得ない理由があれば契約途中でも辞めることができます。契約途中に辞めたいと言っても無理やり続けさせられることはほぼないです。いざというときの必殺技としてやむを得ない理由を用意しておくといいですね。これも後ほど紹介。

また、宣言してからの残りの勤務期間はシフトをがっつり削られたりする場合もあるので、あらかじめ理解しておいたほうが良さそうです。

 

バイトを辞める時は嘘をつけ!

 

バイト辞めます宣言をしたあと、「え、どうして?」「なんで?」と店長も反射的に聞いてきます。ここでなんて言おうか悩むんですよね。ただ、聞いてくるわりに辞める理由はそんなに重要視されていないようです。相手も反射的に聞いてるだけで、「この前、旅行したんだー♪」「どこいったの?」と聞いてるようなもの。もしくは問題点を見つけて改善しようとする真面目で誠実な上司ですね。そんなひといないだろうけど。

正直になぜ辞めたいかを伝えれるなら伝えてもいいでしょう。ただし理由が弱いと引き止められる可能性もあります。また、説教を食らう可能性もあります。

かといって嘘をつくのもどうなの?と思うひともいるかもしれないけども、できれば穏便・スムーズに辞めたいので、私は嘘をついてでも無難な理由で辞めるべきだと思います。

 

スポンサーリンク


 

バイトを辞める時の理由

 

いくつか辞める時の理由をあげておくので、自分が嘘をつけそうなもの・納得されそうなものを選んでください。

 

まずはアルバイトをしている大学生に有効的な理由。

  • 学業と両立できなくなった
  • 就活の準備で忙しい

単位を落として留年しそう、成績が下がり親に辞めるように言われた、就活のための資格修得など。バイトのせいで留年したらどう責任を取るつもりで?と強気に出れます。

 

学生ではないひとでも使える理由。

  • 介護が必要
  • 親が転勤で引っ越し
  • 正社員として働くことが決まった
  • 病気(うつ病)の治療に専念
  • 親戚の自営を手伝うことになった
  • 同居のため引っ越し
  • 子供の面倒を見なくてはならない

身内を理由にするものが多いですが、相手が強く出てこれないようにするには仕方ないですね(笑)やむを得ない理由にするには身内の存在は打ってつけなのです。

バイト先までの通勤が遠くなる(働く意味がなくなる)など、引っ越しという理由は使いやすいですね。注意点は、あんまり遠くに引っ越すことにしちゃうとうかつに出歩けないってことですね。

(介護などで)勤務条件が合わなくなったという理由も人によっては使いやすいかも。例えば夜働いてるひとは、夜は(介護で)家にいないといけなくなったなど。「朝勤務にしてもいいよ」と言われたら「もう次のバイトが決まってるので…」でOK。人間関係や給料を理由にすると改善策を提案してこられる可能性もあるのでやめたほうがいいです。

 

「一身上の都合により」作戦

 

「一身上の都合により」なんていえたらいいけど、なかなか言いにくいものです。追及されたときの理由が困りますし。しかし上司の「なぜ?」を利用する作戦もあります。

まずは「今月いっぱいで辞めます」「○月○日をもって辞めたいです」などといって切り出します。「え?急にどうしたの?」「なぜ?」と聞いてくるので、そんなとき「一身上の都合により辞めたいです」と伝えます。「それって?」と理由を聞かれたら「家族の事情で…」と言いにくそうに言います。それでも聞いてきたら「介護で…」「病気で…」と、あとは察してくれという雰囲気を醸し出せば完璧です。

「一身上の都合により」をはじめにいれることで、すでに3回「なぜ?」と聞いてきてますからね。これ以上踏み込んでくるひとはデリカシーのないひとくらいです。

 

最後は感謝の気持ちを述べる

 

辞めることへの理解をしてもらえたら「すみません。ありがとうございます」と最後にお礼の言葉を伝えます。あとは辞める日を待つだけです。(参考:バイトを辞めるとき、菓子折りは必要か?)

バイトの先輩に伝えるかどうかですが、これは自由でいいと思います。自分の良心で、それなりに関わっているなら勤務最終日までに感謝の気持ちを伝えればいいのでタイミングは特にないです。「そういえば今月いっぱいでやめるんですよー」って軽く言っても大丈夫。

自分が言う言わないというよりも勝手に上司が喋ってる場合もあるので、どういった理由で辞める宣言をしたか忘れないように。それについて詳しく聞こうとする奴もいるかもしれませんが「それについては詳しく話せない」ときっちり線を引いて、この話はタブーであると匂わす。ここまでして辞める宣言任務完了!ですね(笑)

 

まとめ

 

嘘をつくのは気が引けるかもしれませんが、穏便にスムーズに辞めるためだと思ってこのときだけは嘘をついてしまいましょう。辞めたい理由を改善してもらえるならまだ働きたい、というかたは本当の理由を言うべきかもしれません。

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA