今年の冬は温活!8つの冷え対策で冷え性改善!

 

疲れやすい・生理痛・肌荒れ・ストレス。不調の原因は〝冷え〟かも。体調も肌も、心も元気になる「ぽかぽか習慣=温活」で簡単な冷え対策をして冷え性改善!

 

スポンサーリンク


 

「ちょこっと温活」8の知恵

 

アイコン

 

『冷えとりの教科書』『健康法で死なないための42のカルテ』などを出している、医療大学教授の川嶋朗先生が紹介する「ちょこっと温活」は、毎日の生活で簡単に実践でき、確実に体温がアップするそう。

今回はオルビスで紹介されていた8つの知恵をまとめてみました。冷え性で悩んでるかたはぜひ参考にしてみてください。

 

1.大きな筋肉と内臓を温める

 

冷え対策で〝着こむ〟というほうほ右派あるけども、ファッション的にも動きやすさの面でも悩みます。学校や会社のルールで着こめないときもありますしね。

そこで提案するのが、筋肉が多く、太い血管が走る太ももや重要な臓器があるお腹、血流の多い腰や二の腕、ヒップなどを温めるというポイント温活がおすすめ。

温める方法は、はらまきや湯たんぽでお腹や太ももを温める。部分ケアでも前進に温かい血流がめぐるので効率的です。

また川嶋先生によると、はらまきは1年中使ってほしいアイテムだそう。夏はちょっと厳しい気がしますが、春・秋・冬はぜひ使用したいです。

 

2.冷たいものを控える

 

今日からすぐに取り組める、冷たい飲み物を避けること。
最初は体温より高い温度の飲み物を心掛け、それでも冷えるなら温かい飲み物に切り替える。カフェインはからだを冷やすそうですが、飲むと冷えるというひと以外は、日に2~3杯程度は飲んでOKのようです。

 

3.足の冷えはソックスで対策

 

夕方になると足がむくんだり、夜は冷えてなかなか寝付けない。
そんなひとは足もしっかり温めることで改善できます。

「靴下をはくと自分で体温を作りにくくなる」というひとがいますが、それは冷え症状がない場合で、すでに冷えがあるひとは熱をつくる機能が弱っているので、靴下を活用したほうが良いそう。

ソックスは足首の肌下に動脈が走っているので、足首をきちんと覆い、締め付け過ぎないものがおすすめ。

外出時は、なるべく素肌を避け、靴下やレギンスなどで足首をカバーして〝日中温活〟をすると効果的。

 

4.「1枚持参」で温度差対策

 

思いのほか電車の中やお店のエアコンが効き過ぎてて肌寒くなることもしばしばありますよね。外との温度差が激しいと体調も悪く…。

エアコンに慣れて体温調節がうまくできなくなってるひとは多いそう。
1枚サッと羽織れるアウターやストールなどを持ち歩くこと。

冷房が入っている環境でも快適な体温を保つために1枚持参を!

 

スポンサーリンク


 

5.よく噛んで温活!

 

縄文人は一回の食事で約4000回噛んでいたとされていますが、現代人はなんと600回程度。

良く噛むことで、熱を生む・満腹中枢を刺激する・ストレスホルモンを減らす、などの効果が得られます。

白米30回、玄米100回!…は正直大変ですが、噛むだけでいいことずくめなので、食べ物はしっかり噛むことを意識!

 

6.「温め食材」で熱を生むからだづくり

 

食物には、それぞれからだを温めるものと冷やすものがあり、温め食材として有名で研究データもある“ショウガ”や〝唐辛子〟がおすすめ。ほかにも、赤みが強い、色が濃い食材は温め食材になります。例えば〝にんじん〟や〝かぼちゃ〟など。

 

7.電車では「立って温活」

 

運動不足な現代人にぴったりな温活の1つが、自分にとって少しだけきつい動き。

電車通勤のひとは座らずに立ってみたり、洗濯物を干すときに1回ずつしゃがんだり、エレベーターの代わりに階段を使う、などで十分だそうです。

電車では座らずに立てば、熱生産量がなんと20%もアップ!少しきついけど…いや、自分にとってはかなりきついけど、これはやるしかないですね…!

 

8.お風呂は半身浴ではなく全身浴

 

もっとも手っ取り早く、なおかつ辛くない、むしろ癒される温活が全身浴。

シャワーで済ませず、40℃以下のぬるめのお風呂に30分くらい浸かること。
温められた血流が水圧で全身をめぐります。

また、半身浴には医学的根拠がありません。温め効果も半減。心臓や血管などに疾患がない限りは全身浴がおすすめだそうです。温まるだけでなく、眠りの質もよくなるので一石二鳥です!

余裕のあるひとは、温浴効果を高める入浴剤やリラックスできる香りを取り入れると楽しく全身浴を続けれておすすめ。

 

まとめ

 

どれも比較的簡単で、今日から始めれるものばかり!
半身浴がNGなのはちょっと驚きました。

これらを続ければ少しずつ体温がアップするそうなので、私もできることからちょっとずつ取り組んでいこうと思います!

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA