イラストツールにあるレイヤーとは?

 

FireAlpaca(ファイアアルパカ)&MediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)※旧CloudAopaca(クラウドアルパカ)で学ぶイラストツール講座です。

デジタルのイラスト制作には欠かせない!?基本中の基本である〝レイヤー〟について紹介します。今更聞けない「レイヤーって何?」を解決します!

 

スポンサーリンク


 

レイヤーってなに?

 

イラストを制作するにあたってレイヤーを使うのは基本です。
厚塗りなど色を重ねて表現するとき以外はほぼレイヤーを使います。

イラストを制作するとき、レイヤーを重ねて描いてるひとが多いです。

レイヤーというものは、わかりやすくいうならば透けてる紙です。
その透けてる紙を何枚も重ねて最終的に1枚の絵にするのです。

 

なぜ何枚も重ねるのか?

 

デジタルの魅力と言えばなんでしょう?

何度でも描きなおせる。色の塗り直しがきく。

…などなど色々あると思いますが、
それゆえ欠点もあり、裏を返せば必要な線も色も消えてしまう。
※この部分はのちほど画像で説明。

そこであらかじめレイヤーを使って描き分けます。
【レイヤー1】は肌の色、【レイヤー2】は髪の色、
…などといった部分ごとにレイヤーを分けてあげます。

ここまで聞いてさっぱりわからん!
ってかたが多いと思うので、画像を見ながら説明するよ!

デジタルデビューをしたらまずはレイヤーを覚えることから。
とても便利な機能なので、後々欠かせないものになると思います。
なので、ぜひこの機会に覚えていってね!

 

画像で簡単説明!

 

今回はMediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)※旧CloudAlpaca(クラウドアルパカ)を使って説明していくよ。FireAlpaca(ファイアアルパカ)とほぼ同じ機能なので、それでもいいよ。

軽くて綺麗に描けてデザインもスタイリッシュなおすすめイラストツールなので、まだイラストツールを用意していないかたはぜひメディバンペイントプロを使ってみてね。もちろん無料だよ!

 

レイヤーを使わないでイラストを描くと…

 

まずは【新規作成】からキャンパスを出して描いてみます。

 

0

 

左下に【レイヤー1】がでてきたよ!
“レイヤー”っていうのは透けてる紙のことでしたね。

キャンパスに灰色のチェックマークがついてますが、
この紙は透明だよっていう意味になります。

透過される部分・塗り残しがわかる便利な機能ですが、今はわからなくて全然OK!

邪魔だなって方は、【表示】⇒【透明背景】のチェックを外すと消えます。

 

1

 

【ペン】の状態にしたら、ペンの太さ・濃さ・種類を自分好みに設定するよ。

よし!線画が描けたよ!次は色を塗るよ!

 

2

 

あ、やべ、はみ出た。

 

3

 

【消しゴム】をつかってはみ出た部分を消します。
また、ペンの状態でキーボードの【Z】を押しつづけると、左上の【消しゴム】を選ばなくても消せます。覚えておくとのちのち便利かもしれない。

これではみでた赤色を消し………、

 

4

 

レイヤー1だけだとこんなことになります。

「線画が消えてどーすんのさ!!!」
「はみでた赤色だけを消したいのに!!!」

1枚の紙に描いてるんだから、そりゃあ線画も消えてしまうさ。
アナログだって鉛筆で線画描いて、鉛筆で濃度をつけて色塗りしたら消えますよね?

このアナログのデメリットを解消するには“デジタルで描く”のではなく、“デジタルでレイヤーを使って描く”ことが必要なのです。

 

スポンサーリンク


 

レイヤーを複数枚使って描くよ

 

まず【レイヤーを追加】します。

 

5

 

【レイヤー1】の上に【レイヤー2】が追加されました。

レイヤーも追加できたことだし【レイヤー2】を選択して早速色を塗るよ!

 

6

 

あ、はみでました。

また【消しゴム】ではみでた部分を消す。
…まえに、レイヤーを入れ替えます。

 

7

 

赤色で隠れてた線画がでてきました!!
これだけはみ出してたんですね…。

基本的に線画レイヤーは一番上にくることが多いです。

線画からはみ出してる部分を【消しゴム】で消します。
もう一度【レイヤーを追加】して残りのパーツも塗っていきます。

 

8

 

合計4つのレイヤーを使用して塗りおわりました。

 

補足

 

どのレイヤーがどこを塗ってるか分かりづらいので、
レイヤーの名前を変更します。

 

9

 

変更したいレイヤーをダブルクリックして名前を変更します。

 

10

 

こんな感じにしました。
とにかく自分が分かる名前なら色でもパーツの名前でも大丈夫です。

あくまで制作中だけ、レイヤーの名前であって、
完成したイラストに響くわけではないのでなんでもOK。

 

レイヤーの仕組み

 

レイヤーとは何なのか大体わかったところで、
レイヤーの仕組みについてひもといていくよ!

 

11

 

厚塗りや水彩などではなく、ごく普通の一般的なイラストの場合、レイヤーを何枚も重ねて1枚の絵が作られてるのがほとんどです。

レイヤーを使う際に注意すべきことは、塗り方・重ねる順番です。
下の画像を参考にしてみてくださいね。

 

12

 

一番上と上から二番目の塗り方・重ね方では、パーツごと塗っているのでレイヤーの順番は気にしなくてもいいです。一番ややこしくなくミスが少ないのではじめはこの重ね方がおすすめ。

上から三番目の塗り方・重ね方は使い方次第で便利。レイヤーに慣れてくると自然と使うようになる技。※例えば、肌を塗るときに細い束になっている前髪の隙間(おでこ)を塗るのが面倒なとき。前髪の線画を無視してガッツリ肌色を塗ったら、【髪レイヤー】を【肌レイヤー】のうえにして前髪を塗ると時間短縮にもなります。

一番下の塗り方は三番目と同じものの、重ね方で失敗する例です。
ピンクで黄色部分を塗りつぶした結果、重ね方に失敗して黄色が見えなくなるパターン。レイヤーが10、20と増えたときにやらかすと大変。

 

実践

 

すぐにレイヤーを実践できるように
今回使用した線画を置いておくのでご自由にどうぞ!

 

hanasenga

 

レイヤーがどういう役割をしているのか理解できましたでしょうか?
まずは少ない数でレイヤーを使ってみてください!

 

スポンサーリンク


6件のコメント

  • K

    大変勉強になります。
    ありがたい

    • マサ

      コメントありがとうございます!お役に立てたようで嬉しいです!(*´▽`*)

  • yama

    ものすごく分かりやすかったです!レイヤー意味がわからなかったので助かりました。

    • マサ

      コメントありがとうございます。
      はじめてのデジタルで一番最初につまずいたのが経験上レイヤーだったので、それを元に記事を書かせていただきました…!
      わかりやすいとのお言葉を聞いて一安心しました~!お役に立てたようで良かったです(*^-^*)

  • はじめまして!

    最近デジタルで画を画くようになったのですが、レイヤーってなんだろうって思いました。

    いろんなサイトを回って一番わかりやすかったので、それを元にイラストの練習をさせていただきました!そして、勝手に説明が分かりやすいサイトとして記事でも紹介してしまいました…

    申しわけありません、そしてありがとうございます。

    次は影の塗り方とかを学びたいなと思いますっ
    これからも勉強させて頂きますね!

    • マサ

      こちらこそはじめまして!
      コメントありがとうございます。

      まず、デジタルイラストのデビューおめでとうございます!
      拙い説明でありながら参考にしていただき、
      実際にレイヤーを使って絵を描くことができたようで、
      自分の事のようにとっても嬉しいです!
      「描けたよ!できたよ!」という報告を頂き一安心しております!笑

      また、分かりやすい記事として紹介していただき、
      有難い気持ちと恐れ多い気持ちでいっぱいです…!
      こちらこそありがとうございます。

      勉強できるようなところがあれば良いのですが…><汗
      少しでもお役に立てたら幸いです。
      これからもどうぞ、よろしくお願いいたします!

コメントを残す




CAPTCHA