もの忘れを解決する脳のフル活用テクニック

 

困ったもの忘れベスト3「人の名前がでてこない・覚えられない」「何をしようか忘れる」「家の鍵をかけたか忘れる」を脳をフル活用して解決!

 

スポンサーリンク


 

脳をフル活用して物忘れを解決!

 

人の名前や約束、大切なことを忘れたり…
「うっかりもの忘れ」によるトラブルを経験したことありますか?

私はよく自転車の鍵をしめたあと取ったかを忘れます。
もう習慣的だから取ったかどうか覚えてないんですよね。

歯を磨くのが当たり前のように、
当たり前の動作になってると無意識に行動するので
いちいち覚えていないというか。

誰もが経験したことある?

「よく会うひとなのに、名前が出てこない」
「次に何をしようとしたんだっけ?」
「外出先、鍵をかけたか思い出せない」

よくある物忘れベスト3を
脳をフル活用して解決したいと思います。

 

よく会うひとの名前が出てこない

 

何度も会っているのに名前が思い出せないときありませんか?

何度も会っているひとの名前を思い出せないのは、
実は「覚えたつもり」の記憶だからです。

脳への刺激が薄いと必要なときに思い出すことができません。

一度相手の名前を聞いたら、フルネームを漢字で性格に書きだしてみたり、「身長が高い」「ピンクの洋服が好き」などの特徴も一緒に覚えるようにすると印象深く記憶することができます。

 

何をしようとしたのか忘れる

 

「よし、次はあれしよう」と思ったのもつかの間、
「あれ、何しようとしたんだっけ」となることありますよね。
何を話そうとしたのかを忘れたり…。

このケースの場合は、
「次に○○しよう」と思いついたことが
記憶として定着していないのが原因です。

1日の予定を考えながらカバンの中身を整理したり、
メモをつけたりと、行動する前の準備に時間をかける。

そうすることで、情報として脳の中にきちんと整理してあげます。

 

外出先、鍵をかけたかどうか忘れる

 

戸締りしたり、ガスを消したりという毎日の作業は、
無意識のまま習慣的に行動できてしまいます。
そのため、脳に記憶が残されていないことがほとんど。

忘れないためには、いつもと反対の手をあえて使ってみたり、「エアコンを消して、電気を消して、鍵締めて……」と順番を決めて指さししながらチェックすると効果的です。

 

まとめ

 

  • 人の名前がでてこないのは「覚えたつもり」
    ⇒フルネームで書きだしたり、特徴も一緒に覚える。
  • 何をしようとしたのか忘れる
    ⇒行動する前の準備に時間をかけてみる。
  • 鍵をかけたか忘れる
    ⇒反対の手を使ったり、指さししてチェック

 

hukidasi4

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA