アンチエイリアシングとは?バケツ機能の使い方

 

FireAlpaca(ファイアアルパカ)&MediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)※旧CloudAopaca(クラウドアルパカ)で学ぶ、イラストツール講座!

バケツ機能を実際に使ってみるよ!

 

スポンサーリンク


 

バケツ機能とは?

 

クリックするだけで指定した範囲を塗りつぶすことができる機能です。
例えばこんなふうに……

 

baketu1

 

「線画できた!髪の毛から塗ろう(カチッ)」

 

baketu2

 

クリックひとつで1つの色をこんなに塗れます。

バケツ機能を使う条件は線が繋がっていること。
線画を見てみると、髪・顔・服などの線が繋がってますよね。
もし頭のてっぺんの線が繋がっていなかったら…

 

baketu3

 

こんなことになってしまうので注意。
少しでも繋がっていないとこうなることが多々あるので、
線画は丁寧にきれいにが大切です。

この機能を覚えることによって、
ベースとなる色(下地・色決め)がクリックするだけでできます。
時間短縮にもなるのでぜひ覚えたい機能です!

 

画像で簡単説明!

 

“バケツ”がなんなのかわかったところで、さっそくMediBang Paint Pro(メディバンペイントプロ)※旧CloudAopaca(クラウドアルパカ)で試してみるよ!ちなみにFireAlpaca(ファイアアルパカ)でもほぼ機能は同じなのでこっちでも可。

※クリックすると画像が拡大するよ!

 

baketu4

参考:レイヤーってなに?

【線画】ではなく、新しく追加した【レイヤー2】に色を塗っていきます。

ここまで準備できたらあとは色をのせるレイヤーを選び、塗りたい色を選んで、塗りたいところをクリックすれば塗りつぶすことができますが、“バケツ”の詳細設定をしていきます。

 

「キャンバス」と「レイヤー」

 

左上のほうにある【参照】が「キャンバス」になってるか確認。

 

baketu5

 

「レイヤー」になっているときはクリックして変更してください。

 

キャンバス

 

baketu5

 

「キャンバス」というのは、レイヤーが何枚も重なっている1枚の絵を指します。
画面で見えている線を頼りに塗りつぶします。

【レイヤー2】に線がなくても【線画】の線を頼りに塗りつぶすことができます。

 

baketu9

 

【線画】だけでなく【レイヤー2】に線があっても、
見えている1枚の絵の線を頼りに塗りつぶします。

 

baketu10

 

今回は【線画】を頼りに塗りつぶしたいので「キャンバス」に設定します。

 

レイヤー

 

baketu6

 

「レイヤー」というのは、ひとつひとつのレイヤーを指します。
「キャンバス」のように画面で見えている線を頼りに塗りつぶすのではなく、選択しているレイヤーの線を頼りに塗りつぶします。

なにも描いていない【レイヤー2】を選択している状態で“バケツ”を使うと…

 

baketu11

 

【レイヤー2】に色が塗られるものの、【レイヤー2】には頼りになる線がないため、全面に塗られてしまいます。

【線画】を選択している状態で使うと…

 

 

baketu12

 

もちろん【線画】には線が描いてあるので、それを頼りに塗りつぶすことができますが、線画と色が同じレイヤーに描かれてしまいます。これではレイヤーを分ける意味がありません。

線画を頼りに塗り分けたいときは基本的に「キャンバス」を選択すればOK。

 

スポンサーリンク


 

アンチエイリアシング

 

左上の【アンチエイリアシング】があります。

 

baketu7

 

いれてもいれなくてもあまり差はないと思うのですが、私はいつもチェックをいれています。※画像のように×がついてればチェックが入ってる証拠です。

「アンチエイリアシング」というのは、わかりやすくいうと線のなめらかさです。

 

設定していないとき

 

baketu14

baketu15

 

線の境界線がはっきりしていて、ギザギザしています。

 

設定しているとき

 

baketu13

baketu16

 

線の境界線に中間色があり、遠くからみるとなめらかに見えます。

多くの絵師のひとは「アンチエイリアシング」を設定しているかわかりませんが、個人的に設定しているほうがなにかと都合がいいように思えます。ぶっちゃけこの記事を書くまで大して気にしたこともなかったので(笑)

「よくわかんね」ってかたは、設定したことによって苦労したことはないので、とりあえず設定しとけば大丈夫です。

 

拡張

 

左上に【拡張】があります。

 

baketu8

 

数字が大きくなるにつれて拡張されます。

 

baketu20 baketu19 baketu18 baketu17

 

線が細いときは数字を小さくするといいと思います。

ここまで設定できたらあとは塗りつぶしたいところをクリックするだけです!

 

きれいに塗りつぶせない

 

baketu21

 

 

“バケツ”で一気に塗りつぶせるものの細かいところが塗りつぶせないことがあります。

これはもうペンで地道に塗りつぶすしかありません。

こういうのを何とかしてくれる機能がついてるソフトもあるらしいけど有料だしね…。無料のソフトなのでここは何とか地道に塗りましょう…。

もし良い方法があれば教えていただけると嬉しいです…!

 

実践

 

すぐにバケツ機能を実践できるように
今回使用した線画を置いておくのでご自由にどうぞ!

 

hanasenga

 

百聞は一見に如かず!
時間短縮にもなるとっても便利な機能なので、
ぜひ覚えてガンガン使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA