気になる人の「電話番号がわかる」数式とは?

 

「結婚できる年齢が分かる」という数式以外の数字遊びを調べたら、気になる人の「電話番号がわかる」数式というものを発見。

電話番号聞くついでに仲良くなるきっかけにもなる…のか?

 

スポンサーリンク


 

「電話番号がわかる」数式とは?

 

前回「交際人数がわかる」数式を調べた際にNEVERまとめさんで見つけた「電話番号がわかる」数式を見つけました。

こんなやり方で電話番号を聞き出すのは正直どうかと思いますので、家族や友達とやって「すごーい!」ってやるのをおすすめします。

紙に書いて計算するのもいいですが、結構大きな数字になるので電卓を用意してくださいね。スマホの電卓でできます。

早速!自分の電話番号で実践!

 

「電話番号がわかる」数式

 

例:090-1234-5678
  1. 電話番号の「1234」に「125」をかける。
  2. 次に「160」をかける。
  3. 電話番号の「5678」を足す。
  4. もう一度電話番号の「5678」を足す。
  5. 最後に「2」で割ると電話番号が…!

 

4までは相手に操作させて、出た数字に対して「これが電話番号でしょ!」⇒相手「違う」⇒「電卓貸して」といって「÷2」をする。

こんな手順で相手の電話番号がわかってしまうそうです。

電話番号あてられるっていうのを分かったうえで実践されたら「おおー!」ってなるかもしれませんが、そうでない場合は怒るひともいるので気を付けてくださいね。

素直に「電話番号教えて」といって断られてる相手には使っちゃダメですよ!教えたくないのに無理強いなんて怒られますからね!

友達との話題作り程度にしたほうが良さそうです。

 

hukidasi2

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA