【体の描き方】雰囲気で描く上半身の筋肉(肩・脇・鎖骨の動き)

 

上半身の筋肉の描き方です。
主に肩・脇・鎖骨の動きについてです。

「筋肉を覚える」というのがどうしてもだるくて面倒でやる気のでないひと向けです。筋肉について興味・関心を持つきっかけになるような『雰囲気で描く、なんちゃって筋肉』の描き方です。筋肉の名称が全く出てこないふんわりした内容なので、筋肉の仕組みだとかが知りたいひとは他をあたってください!

 

「【体の描き方】雰囲気で描く上半身の筋肉(肩・脇・鎖骨の動き)」の続きを読む…

【体の描き方】アイレベルを使ってあおり・ふかんを描く

 

背景の描き方でほぼ100%出てくるアイレベルですが、背景は描きません。人物が描けないひと向けの「アイレベルを意識して人物を描こう!ついでに煽り・俯瞰の描き方も覚えちゃおう!」っていうレベル低めの講座です。プロじゃないです。

アイレベルを知っている前提ですので、知らないひとはこちらから⇒【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)

 

「【体の描き方】アイレベルを使ってあおり・ふかんを描く」の続きを読む…

【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)

 

お絵かき講座を見てるとちょくちょく出てくる”アイレベル”とは何なのか。自分なりにわかりやすい解釈の仕方をまとめてみました。

背景を描くとかそんなレベルの高いひと向けじゃないです。
人物を数人描く程度だったらこれぐらいの理解度でいいんじゃないかなという、とてもふんわりしたものになります。

 

「【体の描き方】アイレベルと水平線(あおり・ふかん)」の続きを読む…

【体の描き方】正面顔を描くときのバランスの取り方

 

ポーズをつけたりすると正面顔を描くことはあまりないかもしれないけど、基本中の基本といっても過言ではないであろう正面から見た顔をおさえておくと後々役に立つはず。
左右対称になるのでバランスを取るのが難しいけどアタリをつけると簡単に描ける正面顔です。パーツのバランスを捉える意味でも練習になるので、お絵かき初心者のかた、今まで正面顔を避けてきたかた、良かったらお付き合いください。

参考元は大変勉強になる「sensei by pixiv」です。

 

「【体の描き方】正面顔を描くときのバランスの取り方」の続きを読む…

【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~筋肉編~

 

「人物を描くまえに、まずはアタリ(下書き)を描こう!」
…とお絵かき講座や参考書などに書かれていますが、そのアタリ(下描き)が正しく描けていなければ意味がない!

ってことで『アタリ(下描き)の描き方講座』です。基本的なアタリが描けるようになったら、アタリにしたがって顔や筋肉を描いていきます。参考元は大変勉強になる「sensei by pixiv」です。

 

「【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~筋肉編~」の続きを読む…

【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~基本編~

 

「人物を描くまえに、まずはアタリ(下書き)を描こう!」
…とお絵かき講座や参考書などに書かれていますが、そのアタリ(下描き)が正しく描けていなければ意味がない!

ってことで『アタリ(下描き)の描き方講座』です。アタリを描く際に必要な体の比率を覚えていきます。参考元は大変勉強になる「sensei by pixiv」です。

 

「【体の描き方】体(全身)の比率とアタリ(下描き)の取り方~基本編~」の続きを読む…